【やり方次第!!】脚のむくみ解消法wwww

【やり方次第!!】脚のむくみ解消法wwww

長時間同じ姿勢を保たねばならないデスクワークや、立ち仕事では脚がむくみやすくなります。脚がむくんだ状態が続くと、身体のほかの病気にまで影響が出てきます。心臓から遠い場所にある脚ですが、むくみや血流の悪化で脚の病気にまで発展する可能性もあります。今回は、脚のむくみの解消方法をご紹介します。

 

【やり方次第!!】脚のむくみ解消法wwww



 

脚のむくみ解消法その1 むくみの原因とその後

脚は心臓から離れていますが、血液の流れが悪くなりやすい部位といえます。重力も関係しており、水分がたまりやすいことが原因です。一般的に脚がむくむのは立ち仕事の人に顕著にみられますが、デスクワークの人もむくむケースが多々あります。ずっと長い時間同じ姿勢でいることから、脚の組織液というものの循環が悪くなり、細胞の隙間に水分がたまっていくためむくみが生じます。また、疲れがたまっている場合や睡眠不足なども原因のひとつとされています。そのほかにも、血液を送り出すポンプである心臓の力が低下すると、むくみが起こる場合があるので、病気の疑いまでもが脚にも出てくるのです。あまりにもなかなかむくみが引かない場合は、病院を受診しましょう。

 

脚のむくみ解消法その2 身体を冷やさないことが大事

脚のむくみの解消には、老廃物をためこまないことと、身体を冷やさないことが重要です。脚が冷えると血流が悪くなり、脚にたまる血液や水分は循環していきません。その結果、脚がむくんでしまうのです。たとえば夏に冷房をかけすぎると、冷たい空気は部屋の下方にいきますので、脚が冷えてしまいます。デスクワークの女性などは、その冷えた冷房の空気に脚がさらされてしまうので、スカートの場合はひざ掛けを使うなどして、脚を冷やさないようにすることが大切です。冬は冬で寒いことが多いので、靴下は厚手のものを穿くようにして、ストールなどを脚にかけておくように努めましょう。

 

脚のむくみ解消法その3 適度に脚を動かすことが大事

脚のむくみの解消には、水分をなるべく摂取して、水を体外に排出するようにして、老廃物を出してしまう体質にすることが大事です。脚のむくみがある場合には、適度に脚を動かす短い距離をウォーキングしてみると良いでしょう。塩分を控える食事にも気をつけることが必要です。インスタントラーメンや加工された食品には塩分が多く含まれている可能性が高いので、なるべく外食も避け、塩分代わりとなるお酢や香辛料などを使った料理を作りましょう。また利尿作用を使って老廃物を排出させるためには、カリウムの存在が欠かせません。キュウリやスイカ、バナナ、りんごなどを積極的に食べるようにしてください。

 

脚のむくみ解消法その4 靴下などに工夫をしてみることが大事

女性の場合は、仕事でもスカートでいることが多いため、靴下やストッキングを穿く機会が増えますよね。靴下やストッキングは脚を締めつけてしまうために、血行が悪くなることが多々あります。靴下を脱ぐと、ゴムのあとが残っているときには、脚はむくんでいる証拠です。むくみ解消のためのグッズがたくさん売られていますが、なかでも、脚むくみ解消を目的として開発されたストッキングや靴下を選ぶことが大切です。フィットする脚の場所により圧力が変わるグッズもあります。

 

脚のむくみ解消法その5 脚のためのグッズを使おう

「その4」でも触れましたが、脚のむくみ解消のためのグッズがたくさんありますので、使用する場所と時間を考えて、購入して効果的に使ってみると良いでしょう。脚の裏のつぼを刺激して血行を良くするようにうながすグッズや、脚に貼るだけでむくみがいつの間にか取れているというグッズもあります。また、脚の裏に貼るシートには樹液エキスや緑茶成分なども含まれているものがあり、リラックス効果も期待できます。脚がむくまないように開発された靴も売られていますよね。とくに、つま先が高く、かかと部分が低くなっている従来の靴とは反対の作り方の靴は、脚のむくみを解消してくれるグッズのひとつです。

 

脚のむくみには、ある程度はふくらはぎに筋肉がついていないと、解消されにくいとされています。それはふくらはぎの筋肉が脚の血液を心臓に押し返す力となっているからです。極度なダイエットでふくらはぎの筋肉を取ってしまうのは避けましょう。

 

まとめ

【やり方次第!!】脚のむくみ解消法wwww
その1 むくみの原因とその後
その2 身体を冷やさないことが大事
その3 適度に脚を動かすことが大事
その4 靴下などに工夫をして
その5 脚のためのグッズを使おう