【大人気!!】UVカットのおしゃれつば広帽子とは?

【大人気!!】UVカットのおしゃれつば広帽子とは?

初夏から真夏にかけては、とくに紫外線の強い時期ですね。かんかん照りのなかで、UVをカットしてくれる帽子が欲しいと思われたことはありませんか?日焼け止めを顔や額に塗ることもできますし、日傘をさすこともできますが、どちらも前者は効果が期待できなかったり、後者は傘を持つ手がふさがって面倒な場合がありますよね。今回はUVカットの帽子についてご紹介します。

 

【大人気!!】UVカットのおしゃれつば広帽子とは?


 


 

UVカットの帽子が人気!!その1 晴れた日はとくに帽子を!!

晴れている日は日差しがとても強いですよね。紫外線が目に見えるようなくらい、じりじりと肌を焼く気分がするものです。5月から10月くらいまでは、一年のなかで一番紫外線が強い時期とされています。そして、そんな時期には紫外線対策としてUV(紫外線)カットの紫外線対策が重要となってきます。女性だけではなくて、男性も目のなかに入ってくる紫外線の対策として、帽子をかぶる人もいますよね。お肌の光老化という現象は、65%が紫外線の影響だと言われています。若くいたい人は、若々しさを保つために、紫外線をなるべく遮断することが鍵となってきます。しみやしわ、たるみなども、紫外線が原因となっている部分もありますので、紫外線をケアすることで、高い化粧品を買わずにすむかもしれません。一般的には、紫外線対策にはUVケアの帽子をかぶることが多いでしょう。

 

UVカットの帽子が人気!!その2 UVカットの帽子の役割

お肌のためには、紫外線を浴びないことがもっとも重要なポイントですが、日常生活において、紫外線をまったく浴びないということは無理な話です。ですので、紫外線対策が必要なのですが、紫外線をブロックするには、物理的な方法が一番楽で、実用的だとされています。ストッキングを穿くだけでも紫外線を50%カットできるのです。夏の時期の強い紫外線をカットするものは、帽子や日焼け止め、日傘とありますが、一番楽に手軽なものは帽子だといえます。帽子は時代とともに変化し続けていますし、ファッションのひとつとして、さまざまな形状の帽子が売られていますよね。UVカットの帽子はどんなときでも、さっとかぶることができます。UVカットの帽子は、紫外線による髪のダメージや、つばが広い帽子をかぶることで、目に入ってくる紫外線をカットしてくれたり、夏の台風のときなどは、雨や水もお肌に入ることを防ぐ効果があります。

 

UVカットの帽子が人気!!その3 UVカットの帽子って?!

UVカットの帽子には種類が多数あります。目の粗い帽子や目の細かい帽子、雨などの水に強い帽子などです。また、帽子のUVカット加工がなされている帽子には、大きく分けると2種類があります。線維そのものに紫外線散乱剤を練り込んだ帽子と、染料のように紫外線散乱剤や紫外線吸収剤を線維の表面につけた帽子の2種類です。一般的には、前者の帽子は洗濯を繰り返してもUVカット効果が持続しやすくなっています。

UVカットの帽子が人気!!その4 どのような形の帽子が良い!?

紫外線対策に良く利く帽子は、紫外線を防いでくれないと意味がありませんよね。帽子のつばの部分が7cmくらいはあったほうが良いとされていますし、人気も高いです。また帽子のつばがぐるりと回ってついているものは首筋も焼けません。とくに人気が高い帽子は麦わら帽子です。おもに農家の人をテレビなどで見ると、夏の麦わら帽子は、紫外線から髪の毛や顔を守るためにかぶっているといえます。

 

UVカットの帽子が人気!!その5 帽子の色は!?

紫外線対策としては、UVカットの帽子が良いことは前述しましたが、帽子の色にこだわることが大切です。というのは、帽子の色で紫外線を吸収することがあるからです。帽子の色で一番良いのは黒だとされています。黒色は紫外線を吸収するため、紫外線は肌まで届かないのです。しかし、長時間黒い帽子で、屋外にいることは、夏場は避けましょう。黒い色は、紫外線を吸収するのですが、同時に熱を吸収してしまうということもあるからです。

 

UVカットの帽子は、UVカット素材で作られており、UVカット効果が高いものを選びましょう。つばが広いもの以外にも、キャップやサンバイザーなども、お肌や目に直接紫外線を浴びなくてすむからです。

 

まとめ

【大人気!!】UVカットのおしゃれつば広帽子とは?
その1 晴れた日はとくに帽子を!!
その2 UVカットの帽子の役割
その3 UVカットの帽子って?!
その4 どのような形の帽子が良い!?
その5 帽子の色は!?