【低糖質ダイエット】の効果が高い理由と効果的なやり方とは?

【低糖質ダイエット】の効果が高い理由と効果的なやり方とは? 

低糖質のダイエットを行っている女性はおられるでしょうか? 低糖質と聞くと、甘いものを制限したダイエットというイメージがありますよね。ほかにも普段の食事のなかでご飯やパン、パスタを抜いた食事制限というイメージが先行して、最初からやる気をなくしてしまうかもしれません。今回は、低糖質ダイエットという人気の高い理由と、ダイエットの効果的なやり方をご紹介します。

 

【低糖質ダイエット】の効果が高い理由と効果的なやり方とは?



 

低糖質でダイエットを成功!その1 そもそも低糖質ダイエットとは何?

悲しいことに低糖質でのダイエットは、それまでの食習慣を変えてしまうことを指しており、一生続けることになるダイエット方法です。食生活を変えることで、痩せやすい体質になっていくというものなので、個人個人で低糖質のダイエットはキツイものとなる可能性があります。低糖質の食事にするためには、まず、炭水化物(糖分)の摂取する量を減らしていくことから始まります。炭水化物の量を減らすことで、糖質は抑えられますので、その代わりには脂質を摂ります。そのために、血糖値が急激に上がることなくダイエットができるというものです。また、この低糖質のダイエットが成功したあとも、減らした体重をそのままにするために、低糖質ダイエットを続けることになります。

 

低糖質でダイエットを成功!その2 低糖質のダイエットは3つの時期がある!?

低糖質のダイエットには、3つのダイエット時期が存在しています。ダイエットをはじめて14日間はインダクション(低糖質期)という時期となります。この期間には、糖質の摂取を多く減らしていきます。ご飯やパン、麺類などはいっさい食べてはいけません。野菜にも糖質が含まれているものがありますから要注意です。とくに、じゃがいもやかぼちゃ、サツマイモなどの糖質の高い野菜は食べないようにします。低糖質ではない、果物や牛乳(乳製品)、お菓子、アルコール飲料なども低糖質ダイエットのためには食べてはいけません。食べられるものはとても限られていて、緑黄色野菜や野菜の葉っぱ、お肉やお魚は食べても良いとされています。

【低糖質ダイエット】の効果が高い理由と効果的なやり方とは?

低糖質でダイエットを成功!その3 オンゴーイング(低GI期)とは?

14日間のインダクションという時期が過ぎてもまだ痩せなければ納得できない方や、痩せなかった方は、オンゴーイング(低GI期)という期間に入っていくことになります。とくに、インダクションで痩せることが適わなかった方は、オンゴーイングの食べ方も試してみましょう。主に、インダクションで挙げた食物のなかでも、柑橘系やブルーベリー等のフルーツ、食物繊維の高い野菜を積極的に食事のなかに取り入れましょう。

低糖質でダイエットを成功!その4 メンテナンス時期(維持期)とは?

インダクションやオンゴーイングの期間で目標としていた体重になったなら、今度はその体重を維持するために低糖質のダイエットを日々行うことを次の目標にしましょう。自分の思う通りの体重になったからといって、糖質の多い食べ物を食べることを再開したならば、もとの体重に戻ってしまうからです。低糖質のダイエットは、理想体重を維持するためには、ファストフードなどの糖質の高い食べ物を食べることはやめておきましょう。オンゴーイングの時期に食べていた柑橘類やベリー等のフルーツ、食物繊維の多く含まれた野菜を中心にして食べるようにしましょう。

 

低糖質でダイエットを成功!その5 低糖質のダイエットが成功する理由とは!?

低糖質のダイエットは長続きさせることは難しいですが、低糖質のダイエットでは、確実に痩せられる身体になっていきます。ヒトは、血液のなかにある糖分をエネルギーの元として使っていますので、これが減少すると皮下脂肪を代わりにエネルギーとして使い始めます。よって、血液中の糖質が少ないと、糖質をもっている皮下脂肪が燃やされて、痩せられる身体になるという仕組みとなっています。

 

このように、低糖質のダイエットは、極端な無理はしないようにしないと、かえってストレスがたまり過食に走ってしまいがちになりますので、少しずつ糖質の高いものから低糖質の食事に変えていくことにしましょう。

 

まとめ

【低糖質ダイエット】の効果が高い理由と効果的なやり方とは?
その1 そもそも低糖質ダイエットとは何?
その2 低糖質のダイエットは3つの時期がある!?
その3 オンゴーイング(低GI期)とは?
その4 メンテナンス時期(維持期)とは?
その5 低糖質のダイエットが成功する理由とは!?

“♡モテる女のアップ術女子力♡” Twitterをフォロー♪