【停滞期?】糖質制限ダイエットの簡単レシピとNG食品とは?

【停滞期?】糖質制限ダイエットの簡単レシピとNG食品とは?

糖質制限とダイエットの関連についてご存知の方は多いのではないでしょうか。糖質制限のダイエットは、炭水化物などの糖質を含んだ食品や食材を、1食に20g以内に抑えた食事のことをさしています。これは、医療の現場でも患者さんに用いられており、糖質制限をすることで、とくに糖尿病の患者さんに対して行われている治療方法です。今回は、糖質制限ダイエットの簡単レシピとNG食品をご紹介します。

 

【停滞期?】糖質制限ダイエットの簡単レシピとNG食品とは?



 

 

制限ダイエットとは?その1 糖質制限のダイエットの基本とは?

糖質制限ダイエットは、炭水化物などの糖質の摂取を、1食20g以内までとする食事療法でもあります。もし、糖質制限ダイエットを長く行っている女性で、なかなか痩せないという人は糖質制限ダイエットには停滞する時期がありますので、その期間に突入している可能性があります。こういったケースに陥るのは、身体が糖質制限ダイエットされている状況に身体が危機感をもってしまっているということになります。それゆえに、体内のエネルギーが吸収される確率が高くなり、体重は減ることがなくなってしまいます。この身体の危機感は「ホメオスタシス」と呼ばれていて、人間が大昔から身につけている生きていくための本能ともいえます。つまり、糖質制限ダイエットを行っているため、糖質が少なくなり、人間の身体は飢餓状態だと判断してしまうのです。そのため、体重が急激に落ちると、飢餓を感じた身体が勝手にエネルギーを蓄えようとするため、体重が減らずに逆に増加してしまうことも起こり得るのです。

 

糖質制限ダイエットとは?その2 飢餓状態に焦らないことが大事!!

糖質制限ダイエットを行って、体重が落ちるところまでいったん落ちてしまうと、「その1」で述べた、身体が勝手に飢餓状態だと判断して、エネルギーをためこみ、なかなか体重が減らなくなります。しかしこのときに焦って、食事の量を通常よりも減らしたり絶食したりしないでください。1時的に体重は落ちてはくれませんが、それまでの糖質制限ダイエットの効果が無効になりかねないので、急に食べる量を減らすことは危険なのでやめましょう。

糖質制限ダイエットとは?その3 ヨーグルトで二重のメリットがある!!

糖質制限ダイエットをしている間は、低糖質のシロップやはちみつなどをかけて、ヨーグルトを食べることが効果的です。甘い味のついたヨーグルトではなくて、無糖のヨーグルトを食べるようにこころがけましょう。無糖であれば、100gのなかに糖質は4.9gほどしか含まれていませんし、ヨーグルトはもともと身体を健康に保つ働きがあり、腸内環境も整えてくれるので、いろいろなメリットがあります。また、お通じを良くしてくれるので、身体のなかの毒素や老廃物の排出してくれます。そのほかにも、糖質制限をしたヨーグルトを食べることで、新陳代謝の機能がUPしてダイエットに向いています。

【停滞期?】糖質制限ダイエットの簡単レシピとNG食品とは?

糖質制限ダイエットとは?その4 糖質制限OK食品の簡単レシピとは?

糖質制限ダイエットには、大根おろしが良いとされています。大根の煮物や葉の部分をほかの効果的であるキャベツやレタスと一緒にサラダにしたりすることもできます。また、お豆腐には千切りをしたキャベツと和えたり、お豆腐とマヨネーズ、たまご、鶏肉、チーズを乗せたりして、お豆腐グラタンを簡単に作ることができます。

 

糖質制限ダイエットとは?その5 糖質制限ダイエットにNGな食品とは?

糖質制限ダイエットにNGである食品や食材は、ダイエットを抑制してしまうコーヒーや、高い糖質のある牛乳などです。牛乳が好きで飲みたい方は、糖質制限と考えて1日に最高でも200mlくらいに抑えましょう。また、バナナを除いた高い糖質をもった果物や野菜にも注意が必要です。とくに果物には糖質が多く含まれていますから、食べたいときは量を少なめにして食べましょう。

 

このように、糖質制限ダイエットには制約もありますが、通常の過度な食事制限や1食置き換えダイエットなどでお腹を空かしてガマンをするということはありません。かといって暴飲暴食は禁物ですので、常に糖質のことを考えた上で、糖質制限をこころがけてダイエットをしましょう。

 

まとめ

【停滞期?】糖質制限ダイエットの簡単レシピとNG食品とは?
その1 糖質制限のダイエットの基本とは?
その2 飢餓状態に焦らないことが大事!!
その3 ヨーグルトで二重のメリットがある!!
その4 糖質制限OK食品の簡単レシピとは?
その5 糖質制限ダイエットにNGな食品とは?