好きな人ほど話せないwwそんな時の5つの会話術!!

好きな人ほど話せないwwそんな時の5つの会話術!!

何歳になっても、女性も男性も相手に好意を持っているならば、対面することも話すことも躊躇してしまってなかなか仲良くなれないことが多くあります。
例えば思春期のころはその全盛期ではないでしょうか。周りの目が気になって、「好きなのか」とうわさになることを嫌う人も多々います。その延長線上で、恋愛に対して憶病になっているとしたらそれはもったいないことです。
下に述べるのは、好きな人ほど話せないときの5つの会話術です。ぜひ参考にしたり、頭の隅に入れておいてください。

 

好きな人ほど話せないwwそんな時の5つの会話術!!



 

 

会話術その1 自分は大人と認識しましょう

もう立派な社会人であるならば、学生時代や思春期とは恋愛の方向性が違ってきます。例えば結婚を視野に入れたり恋人同士になりたいという欲求があるのなら、ますます自分は大人であり、自信を持って好きな人を相手に話せるように努力することが必要です。その自信はいつしか自分自身のふところを大きくしてくれるでしょう。自分自身に正直になって堂堂としましょう。

 

会話術その2 初めは小さなことから

好きな人に対してほど話せないときは、まず好きな人のディティールをよく観察して、シュシュやネクタイのことを話題に持ち出すと良いでしょう。細かい点を見てくれているということは、自分に気があるのでは?と相手に思わせることができるからです。とくにそういった細かな点についての会話の切りだし口は、ほんの小さなことで良いのです。ネクタイの柄がステキであるとか、可愛らしいヘアピンをしていることなどを褒めることが大切です。ここではマイナスイメージにつながるようなことは、なるべく避けたほうが無難です。もちろんジョークを言いあえる仲であれば、ちょっとした冗談の遣り取りで絆や関係が深まることもありえます。

 

会話術その3 最初は丁寧な言葉遣いを行いましょう

もしあなたが女性で好きな人が年下男性の場合、とくに職場では立場の関係はあるとは思いますが、明らかに年下だからという扱いはあまり良くありません。仲良くなる前、最初は丁寧な言葉遣いをこころがけましょう。それにより、相手の男性は自分が大切にされていると感じることもありますし、一個の人間や男性として見てくれていると感じるでしょう。また、ささいな事案や案件をこなしたら、年下の男性であっても好意を寄せているならば、少々大袈裟に褒めることも大事です。「ありがとう」という言葉を好きな人に面と向かって言うことは難しいのですが、もし言えたなら、次回からまた言おうという自信につながります。しかし絶対に意固地にならず、「ありがとう」を言えたからといって、丁寧に少し話せたからと言えども、急速に仲が発展するとは限らないことは念頭に置いておき、感謝の気持ちはたとえ恥ずかしくても、何度も口にするようにしましょう。

会話術その4 付箋紙やメモ帳を活用しましょう

女性自身だけではなくて、好きな相手の男性も口べたな場合は、なかなか最初の一言が言いだせません。顔を合わせることも目を合わせることも困難である場合が多いです。そういったときに活躍するものが、会社内での資料を渡すときなどでの付箋紙を貼ったり小さなメモを挟んで相手の男性に渡すという方法があります。最初はメールアドレスや電話番号を付箋紙やメモに書いて、資料と一緒に渡すことができます。そこでも余計なひとことを書いてしまうと相手が混乱しますので、「私のメールアドレスです」という一言の付箋紙を貼るといいでしょう。相手の男性の目を見て話せるようになるまでは、この方法は役立つでしょう。あくまでも簡潔に書くことが大切で、社内のほかの人たちに知られないような資料の渡し方にすることが大事となってきます。

 

会話術その5 メールで愛を育みましょう

面と向かって話ができない女性や男性は、「会話術その4」で示したように、どちらかが一歩の勇気を踏み出しメールアドレスを教えてもらいます。そこからメールを毎日、たとえ疲れていても、「お疲れ様です」の一言でももらえると、自分のことを気にしてくれているという感覚を得ることができるので、長期間メール交換をすることによって、だんだんその好きな相手のことを知ることができ、社内や学校内でも、ほかの人たちには分らないことを知っている自分に自信がつきます。最初は恥ずかしいかもしれませんが、その自負を有効活用すれば、相手の顔を見ながら話せるようになるケースがあります。最初はどもったりするかもしれませんが、コンプレックスに感じる必要はありません。

 

まとめ

好きな人ほど話せないwwそんな時の5つの会話術!!
会話術その1 自分は大人と認識しましょう
会話術その2 初めは小さなことから
会話術その3 最初は丁寧な言葉遣いを行いましょう
会話術その4 付箋紙やメモ帳を活用しましょう
会話術その5 メールで愛を育みましょう