「気になる「しみ・そばかす」原因を知って諦めずに美白しよう!?」

「気になる「しみ・そばかす」原因を知って諦めずに美白しよう!?」

年齢を重ねるごとに、男性も女性も、しみやそばかすができてしまいます。しかし、しみやそばかすができたからといって、諦めないで対処する方法があります。今回は、しみやそばかすの基礎知識を知りながら対処方法が分かる、諦めるまえにやるべきポイントについてご紹介します。

 

「気になる「しみ・そばかす」原因を知って諦めずに美白しよう!?」



 

 

しみとそばかすを諦めないでその1 しみの原因とは?

しみもそばかすも、女性にとっては天敵ですよね。まず、その敵のことを知る必要があります。それらはしみやそばかすの対策を取るときに役立つからです。しみやそばかすは、細胞のなかにある核が紫外線にあたると、さらに核のなかにあるDNAが変わってしまったり破壊されたり、細胞が死んでしまうことで、できてしまいます。表皮の一番下の方にはメラノサイトというものがあり、メラニン色素を作り出しています。そのため真皮に紫外線が届かないようにする役割をもっています。しみになるのは、メラニンが作りだされても、通常であれば角質として皮膚の外に排出されていきます。しかし、紫外線により、色素細胞にメラニンを作る要求が頻繁に起こると、メラニンが異常に作り出されて、排出されず肌にしみとして残ってしまう状態になります。

 

しみとそばかすを諦めないでその2 そばかすの原因とは?

そばかすは目の周りや頬の上の方に点々と茶色のそばかすができますよね。そばかすは、春から夏にかけて色が濃くなるといわれています。そばかすの原因はいろいろありますが、主な原因には先天的なものと後天的なものに分けられます。先天的なそばかすは、思春期頃に増えてきて、自然に消えることもあります。後天的なそばかすの場合は、大人になってからできてしまうので、自然には消えません。また、年を経るごとにそばかすが目立つようになります。そばかすは体質ともいわれており、肌にストレスのかかる美容方法、過度の精神的肉体的ストレス、ビタミンやミネラル分の不足、睡眠不足などが原因として挙げられます。もっとも大きな原因は、しみと同じく紫外線です。

 

しみとそばかすを諦めないでその3 しみの対処方法とは?

しみができてしまったら、多くの女性は悲しい思いをしますよね。しかし、できてしまったしみを諦めないでしみを薄くしたり、なくなるように改善する方法がいくつかあります。まずは、美白成分の入った化粧水や乳液、美容液などを使ってみることが挙げられます。とくに、厚生労働省が認めている美白成分の入った美白化粧品は、メラニンの色素生成を抑えることにより、日焼けによるしみやそばかすを防ぐという目的をもっています。この美白成分の入った化粧水などは、多種類ありますので、いくつか使いやすいもの自分のお肌に合っているものを、一年中使い続けることで効果が出てきます。紫外線は夏だけではないので、一年中顔に浴びていることになるからです。

しみとそばかすを諦めないでその4 クリニックに行ってみる!

現代では、しみ対策を行っているクリニックや皮膚科があります。クリニックで処方された外用薬には、しみを取ったり薄くしたりする作用があり、お肌の漂白剤と呼ばれることもあります。美白化粧水を何年も一年中使うことで改善されない場合は、クリニックを受診してみるのもひとつの手です。クリニックが処方している薬の方がよく効くともいわれているからです。しみにアプローチする薬は、ハイドロキノンとレチノイン酸があり、ハイドロキノンはメラニンの生成をブロックするという働きがあるとされており、美白効果が期待できます。

 

しみとそばかすを諦めないでその5 ケミカルピーリング

ケミカルピーリングは、化学物質を皮膚に塗布し、皮膚をはがしてしみを除去したりそばかすを治したりする治療方法です。ケミカルピーリングを行うと、お肌の表皮の生まれ変わりが促されて、原因となっているメラニン色素が上部に上がってきて、アカとして体外に排出されます。この方法を使ったならばしみのみならず、そばかすにも効果を発揮してくれます。またニキビやしわなどにも効果的な方法として、クリニックで取り入れられています。化粧水や乳液、美容液などで効果が出ない場合は、クリニックを受診することも視野に入れてみましょう。

 

しみやそばかすは、対面する人にすぐに知られてしまうので、もっている人は毎日憂鬱な気持ちがするでしょう。お化粧で隠す方法もありますが、毎日のお化粧もだんだんとイヤになってくるものです。キレイなお肌を手に入れたいものですよね。

 

まとめ

「気になる「しみ・そばかす」原因を知って諦めずに美白しよう!?」
その1 しみの原因とは?
その2 そばかすの原因とは?
その3 しみの対処方法とは?
その4 クリニックに行ってみる!
その5 ケミカルピーリング