≪違いは?≫紫外線吸収剤と紫外線散乱剤・・美に効く本当の基礎知識とは?

≪違いは?≫紫外線吸収剤と紫外線散乱剤・・美に効く本当の基礎知識とは?

紫外線対策には、紫外線吸収剤や紫外線散乱剤などがありますよね。太陽の光には、目に見える可視光線という光と、目に見えない赤外線・紫外線とがあります。紫外線はもっとも波長の短い光で、波長によってはUVA、UVB、UVCなどに分れていますが、太陽からオゾン層を通過して地表に届くのは、UVAとUVBだと言われています。これらの紫外線の対策として売られている化粧品のなかには、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤とがあります。今回は、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違いなどをご紹介します。

 

≪違いは?≫紫外線吸収剤と紫外線散乱剤・・美に効く本当の基礎知識とは?



 

 

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤その1 UVAとUVBとは?

前書きに述べましたが、太陽からオゾン層を通して地上に通過してくるのはUVAとUVBとがあります。それぞれのお肌への影響はどうでしょうか?UVAはお肌に急激な障害を与える作用は弱いとされていますが、太陽からの紫外線の9割を占めているのです。またお肌の奥の部分に侵入してきて、お肌のはりや弾力にダメージを与えて、光老化を促してしまいます。また、メラニン色素を酸化させたり、お肌を黒くさせる作用をもっています。次にUVBですが、太陽から届く紫外線の量は1割くらいです。しかしお肌への影響がとても強いため、短時間でもお肌がさらされるとお肌が赤くなったり、数日後にはお肌が黒くなってしまいます。炎症やしみへの影響があるため、お肌の表面の細胞やDNAを傷付けてしまいます。

 

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤その2 紫外線の影響によるお肌への刺激とは?

「その1」で述べたように、紫外線はお肌に悪い影響をもたらしてしまいます。UVAがお肌に与える影響は、肌を黒く変化させしわ・たるみなどを促進してしまいます。またUVAは日差しを浴びたあとに、お肌をすぐ黒くさせる紫外線です。雲や窓ガラスなどを通過してやってくる紫外線なので、お肌の奥の部分である真皮まで届いてきて、しわ・たるみなどのお肌の光老化を促します。次にUVBですが、肌に炎症を与え、しみ・そばかすの生成をしてしまう紫外線です。主にお肌の表面に作用して、日差しを浴びたあとに赤く炎症を引き起こします。メラニンを増加させるために、日焼けによるしみ・そばかすの原因となっています。

 

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤その3 紫外線吸収剤とは?

紫外線吸収剤という物質は、紫外線を吸収することで、お肌への紫外線を減らすという効果をもっています。また、紫外線散乱剤という物質は、紫外線を跳ね返すというもので天然の成分でできていることがほとんどです。紫外線吸収剤は化学的に合成して作られた成分であり、主な成分には、ジメトキシベンジリデンジオキソイミダゾリジンプロピオン酸オクチルなどで製造されています。紫外線を、お肌を通して自分の身体のなかに取りこむ形で、化学反応を引き起こさせて、その化学反応で日焼け止め効果を狙ったものになります。しかし、これらは化学反応ですが、熱を放出するものもあります。お肌に感じるレベルではありませんが、この熱や化学反応自体と、化学反応で変化した物質がお肌の刺激となるケースがあります。そしてお肌に刺激を引き起こすので、敏感肌の人は、強い紫外線吸収剤の入った日焼け止めを使うと、お肌が荒れてしまうなどの肌トラブルが起こってしまう場合があります。

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤その4 肌への刺激を抑えた紫外線吸収剤

紫外線吸収剤を使った製品は多く存在しています。その理由としては、近ごろでは成分の研究が進んでいるため、お肌への紫外線吸収剤の影響が少なく抑えられた製品が作られているということが挙げられます。また、ジェルや化粧水などのような日焼け止めがブームとなってきているので、紫外線吸収剤の入った日焼け止めは汗で流れにくいため、メリットがあるのです。日焼け止めを塗ってもすぐに落ちてしまうよりは、長時間の効果を期待する人も多いため、日焼けを防止するためには紫外線吸収剤の入ったものが好まれているという現状もあります。

 

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤その5 紫外線散乱剤も有効

紫外線吸収剤とは違って紫外線散乱剤というものは、化学変化で紫外線を処理することはありません。紫外線散乱剤そのものに、無理やりな力がかからないためです。そのために、構造が壊れにくく長持ちします。紫外線吸収剤のように、処理できる紫外線の種類を選ばないので、UVAもUVBの両方を防ぐという働きをもっています。有機化合物ではないので、お肌への刺激も少ないことで知られています。

 

紫外線はできれば浴びたくはないですが、浴びないで生活をすることは、ほぼ無理です。紫外線を浴びても、紫外線吸収剤や紫外線散乱剤などを含む日焼け止めが存在しますので、自分のお肌によく合ったほうを選んで使うことが大切です。

 

まとめ

≪違いは?≫紫外線吸収剤と紫外線散乱剤・・美に効く本当の基礎知識とは?
その1 UVAとUVBとは?
その2 紫外線の影響によるお肌への刺激とは?
その3 紫外線吸収剤とは?
その4 肌への刺激を抑えた紫外線吸収剤
その5 紫外線散乱剤も有効