「明日突然発症する!?」紫外線アレルギーの症状と原因とは?

「明日突然発症する!?」紫外線アレルギーの症状と原因とは?

紫外線アレルギーをもった人は、少しの時間でも日光(紫外線)を浴びると、肌がかゆくなったり赤くなったりするものですよね。紫外線アレルギーは、花粉症などと同じように、ある日突然発症する病気であり、誰もがなり得る可能性があります。また、花粉症などと同じく、一度発症してしまうと、紫外線アレルギーは治りにくいとされています。今回は、紫外線アレルギーの症状と原因、またその治療方法などをご紹介します。

 

「明日突然発症する!?」紫外線アレルギーの症状と原因とは?



 

 

紫外線アレルギー突然発症その1 紫外線アレルギーとは?

紫外線、つまり日光を浴びることにより、皮膚やお肌に湿疹ができたり、赤く腫れあがったりかゆみがでたりする症状は、紫外線アレルギーの可能性が高いといえます。このような症状が出た場合、後述する病院での検査で判明するのは、「紫外線アレルギー」「日光過敏症」「日光性皮膚炎」などという病名で呼ばれています。実際に、自分が紫外線アレルギーだということは、病院でちゃんと検査をしないと分からないことです。湿疹やかゆみ、赤身は、皮膚疾患にはさまざまな要因が考えられますので、複数の要因が重なって症状が出ていることもあります。自分が紫外線アレルギーかもしれないと思ったなら、病院できちんと検査を受けることをオススメします。紫外線だけで、湿疹やかゆみの原因になっているとは、簡単には分からないからです。

 

紫外線アレルギー突然発症その2 紫外線アレルギーの仕組み

紫外線アレルギーはある日突然発症してしまうものですが、発症していくその過程があります。まず、紫外線を浴びます。そして、紫外線であるアレルゲンに対して抗体が作られます。次に紫外線を浴びるために抗体を作ってアレルゲンである紫外線から体を守ります。そして、抗体が一定量を超えたときに、湿疹やかゆみが出てくるようになります。それからは一度、一定量を超えてしまうと、紫外線を浴びるたびに紫外線アレルギーの症状が出てきてしまうことになります。普通の人が日光を浴びても問題がないくらいの紫外線の照射で、皮膚に異常な反応が起こるようになってしまうのです。

 

紫外線アレルギー突然発症その3 紫外線アレルギーの症状

紫外線アレルギーの一般的な症状は、日光に当たった部分だけにあらわれる皮膚の症状が主となっています。また、皮膚とは関係のない頭痛や全身に関する症状があらわれることもあります。皮膚にあらわれる紫外線アレルギーは、赤くなること、湿疹・じんましん・水ぶくれ・丘疹、腫れ、かぶれなどがあります。目にあらわれる紫外線アレルギーの症状は、目の充血、涙が出る、異物感があるなどです。次に全身にあらわれる紫外線アレルギーの症状としては、頭痛や発熱、吐き気などです。日光に当たって、このような症状が出てきたら、早めに病院を受診して検査を行ってもらいましょう。

紫外線アレルギー突然発症その4 紫外線アレルギーの原因

紫外線アレルギーの原因には、内因性と外因性とがあります。内因性の場合は、紫外線を浴び続けて、紫外線に対する抗体の量を超えることで紫外線アレルギーの症状となります。抗体の量は人それぞれ違いますので、わずかな量を浴びるだけでも発症する人もいます。次に外因性の場合は、日焼け止めの成分が皮膚と合わずに、紫外線アレルギーを引き起こすというものなどが挙げられます。

 

紫外線アレルギー突然発症その5 紫外線アレルギーの治療方法

花粉症などと同じく、完治することが難しい病気です。紫外線アレルギーの人は、日傘や帽子、長袖を着るなどして、紫外線をそれ以上浴びないことが重要となります。これは花粉症の対策とも同じです。紫外線を浴びなければアレルギーが出る確率も下がります。それでも紫外線アレルギーの症状である湿疹やかゆみが出た場合は、皮膚科に行くことをオススメします。症状によっては、ステロイド剤が効くことがありますので、処方してもらうと良いでしょう。そのほかにもかゆみ止めや抗アレルギー薬が処方されることもあります。しかし、ステロイド剤は長い間使えないので、ステロイド剤はあくまでも対処療法にすぎないことも視野に入れておきましょう。

 

紫外線アレルギーの症状を抑えるためには、ステロイド剤は欠かせない存在となっていますが、ほかにも病気をもっている場合は、容易にステロイド剤は使用できません。紫外線アレルギーの症状が出たら、なるべく早めに皮膚科や大学病院での治療方法を決めることが大切です。

 

まとめ

「明日突然発症する!?」紫外線アレルギーの症状と原因とは?
その1 紫外線アレルギーとは?
その2 紫外線アレルギーの仕組み
その3 紫外線アレルギーの症状
その4 紫外線アレルギーの原因
その5 紫外線アレルギーの治療方法