【目立つ胸】を小さくする5つの方法とは?

【目立つ胸】を小さくする5つの方法とは?

胸が小さくても大きくても、女性は悩みがありますよね。とくに胸が大きい女性は、小さくするために試行錯誤をして、なるべく小さく見えるような洋服を着たり、大きなバストが揺れないような歩きかたをしたりして気を配っていることかと思われます。また、バストが大きいがために太って見えることも危惧されています。男性からの視線を感じたり、男性が怖く感じたりもすることがありますよね。今回は、目立つ胸である大きなバストを小さくする方法をご紹介します。

 

【目立つ胸】を小さくする5つの方法とは?



 

 

胸を小さくする方法とは?その1 普通のダイエットではダメ!

バストのなかに入っているものは、脂肪です。この脂肪を燃焼させることによって、バストダウンを期待することができます。普通に行われているダイエット方法を実践するのではなくて、胸を小さくするための運動を行いましょう。胸を小さくする方法には、胸を上下に動かして有酸素運動を行う必要が出てきます。たとえば、有酸素運動で胸を上下させる運動というと、縄跳びやジョギングがあります。有酸素運動に加えて、胸を小さくするためには、胸の形も整えたいですよね。胸の形を良くしたり維持するためには、胸を持ち上げた状態での有酸素運動をすることで、胸を小さくすることが可能ですが、毎日続けて行わないと意味がありませんので注意が必要です。

 

胸を小さくする方法とは?その2 より効果的に胸を小さくする

「その1」で述べた有酸素運動は続けることが必要であると述べましたが、あまり最初から無理をせず、週に3回から4回くらいから始めてみることをオススメします。だいたいの時間は1日に30分程度が望ましいです。また、縄跳びの場合は、10分間行うことを3セット有酸素運動しましょう。また、胸を小さくすることを望んではいても形が変になるのは躊躇している方もいますよね。その場合は、マッサージやストレッチをしてから有酸素運動をしましょう。このマッサージは、あごから鎖骨に向けて簡単なリンパマッサージをしたり、脇から身体のなかほどに向かって胸を撫でましょう。このストレッチやマッサージを1日に5回行うと良いでしょう。

 

胸を小さくする方法とは?その3 胸を小さくするため引き締めよう!

胸を小さくする方法には、バストの形をそのままに保つことを求める女性が多いといえます。有酸素運動を行ったときのバストが垂れるという現象も、胸を引き締めるとバストの形は維持されていきます。胸を小さくする方法には、有酸素運動のほかに、腕立て伏せを行うこともオススメします。四つん這いになって手を肩幅に開いて手をつきます。肩から膝までは線になるように膝の位置を変えましょう。このまま腕立て伏せを1日1セット行いましょう。有酸素運動と一緒に行うと効果が期待できます。

胸を小さくする方法とは?その4 胸を小さくする食べ物がある!

胸を小さくするために、望んでいる女性は食品や食材選びにも慎重になりましょう。とくに、胸を小さくする食材は女性ホルモンをおさえる働きのあるエストロゲンを多く摂りましょう。エストロゲンが多く含まれている食材には、ブロッコリーやキャベツ、カリフラワーなどがあります。胸が大きくなるとされている納豆や豆腐、豆乳は控えてください。また、飲みものにも注意が必要です。胸を小さくするためには、コーヒーを飲みましょう。とくに、1日1杯ではなく、3杯以上飲むことで胸を小さくすることができるとされています。

 

胸を小さくする方法とは?その5 インナーを正しく選ぼう!

胸が大きい女性はどうしても、太って見えてしまいますよね。それを気に病んでいる女性も多くいます。インナーは、カップの小さいものを選んでしまうと逆効果です。カップはなるべくバストのサイズに合ったものか、少し大きめのカップを選択しましょう。胸を小さくすることが目的ですので、カップのなかでもフルカップのブラジャーを選ぶことをオススメします。男性や会社のほかの人からの視線を胸から逸らすためには、帽子やマフラー、ストールなどを首から胸のあたりにかけていると、大きな胸が目立つことを控えることができます。

 

このように、胸を小さくする方法には、いろいろ手段がありますよね。なるべく食品に気を配り、有酸素運動を行って胸を小さくする方法を試してみてください。また、ストールなどの小物でも、胸を隠すことが可能ですので、人の視線を別の観点に置かせるように気をつけましょう。

 

まとめ

【目立つ胸】を小さくする5つの方法とは?
その1 普通のダイエットではダメ!
その2 より効果的に胸を小さくする
その3 胸を小さくするため引き締めよう!
その4 胸を小さくする食べ物がある!
その5 インナーを正しく選ぼう!