【必見!】ツルツル美肌のなる5つの正しいムダ毛処理法とおすすめのやり方とは?

【必見!】ツルツル美肌のなる5つの正しいムダ毛処理法とおすすめのやり方とは?

世の中の多くの女性は、ムダ毛処理に追われていますよね。とくに永久脱毛をしているわけではない女性は、カミソリで剃ったり毛抜きで抜いたりして日々、ムダ毛処理に時間を割いていることかと思われます。また、必要以上に肌をカミソリなどの刃にお肌を当ててしまうと、カミソリ負けをするという女性もいます。今回は、正しいムダ毛処理方法とおすすめのやり方をご紹介します。

 

【必見!】ツルツル美肌のなる5つの正しいムダ毛処理法とおすすめのやり方とは?



 

 

ムダ毛処理のオススメ方法!その1 ムダ毛処理方法の基本方法とは?

ムダ毛処理の方法にはいろいろと個人個人で違ってきますが、大きく分類すると2つとなっています。その2つとは、自分で行う自己処理方法と脱毛方法です。自己処理でのムダ毛処理の方法はカミソリや毛抜きなど自分自身で毛を抜く方法です。もうひとつは脱毛ですが、脱毛は毛を生やさないようにする自己処理でのお手入れが必要ではない、あるいはムダ毛処理をラクに行うことができる方法です。なかでも自己処理でのムダ毛処理は、一歩間違えるとお肌のトラブルを招きかねません。どのようなムダ毛処理の方法でもやり方を間違えないで行うことが先決です。お肌に生えている毛ですから、やり方を間違えるとお肌を汚く汚してしまいます。たとえば、ムダ毛処理でお肌の毛穴が開いてしまい黒くぽつぽつと毛穴が目立ってしまう人や、色素が沈着して茶色くなってしまったお肌になってしまう人がすくなくありませし、このようになってしまうと、すぐにお肌はキレイに戻りませんし、一生元に戻らないケースもありますので注意が必要です。

【必見!】ツルツル美肌のなる5つの正しいムダ毛処理法とおすすめのやり方とは?

ムダ毛処理のオススメ方法!その2 ムダ毛処理方法・剃ると抜く方法

ムダ毛処理方法を自宅や自分で行う場合には、毛を剃る方法がよく使われていることかと思われます。カミソリでのお肌に直接刃を当てて剃る方法は、とても楽ちんですが、多くの場合、お肌の表面の皮膚をこさいでしまいますので、お肌へのダメージがとても大きいムダ毛処理方法のひとつです。また、電気シェーバーを使っている女性も多いですが、このムダ毛処理ではお肌はあまり痛めませんが深く剃ることができないため、毛が残ってしまいます。おすすめは、トリマーという機械です。ペンタイプのものが主流であり、刃は細かいバリカンのようになっているので、産毛のムダ毛処理方法に向いているといえます。

 

ムダ毛処理のオススメ方法!その3 ムダ毛処理方法・毛を焼く方法

次に挙げられるおすすめムダ毛処理方法は、毛を焼き切るという方法です。熱線式の除毛器械は、お肌の上を滑らせていくと、熱の線により毛を焼き切るので毛先が丸くカットされてちくちくした感覚がないのでおすすめです。しかし、火傷をすることがあるケースがあります。また、ヒートカッターは、ビキニラインにはみ出している部分を熱で切ることができるのでおすすめです。

ムダ毛処理のオススメ方法!その4 ムダ毛処理方法は自己処理で十分な場合も?

ムダ毛処理を行う部位は人それぞれ違いますので、一概に脱毛が良いとは言えず、自己処理でムダ毛処理を行うだけで十分な部位と、脱毛をしたほうが良い部位とがあります。ムダ毛処理は根本的には毛が生えていることが普通の状態ですので、無理にカミソリなどを全身に使うとお肌がボロボロになってしまいますよね。お肌の強い部位にはカミソリや焼く方法でもいいのですが、頻繁に自己処理をしなくてはならない場合は、脱毛がおすすめです。

 

ムダ毛処理のオススメ方法!その5 脱毛のおすすめ理由とは?

ムダ毛処理には毎日手を焼いている女性は、脇の下や腕、脚、手の指などさまざまな部位のムダ毛処理を行わなければなりませんので、頻繁にムダ毛処理を行っている人や、デリケートゾーンのムダ毛処理が難しい場合には、サロンで脱毛をしてもらうという方法があります。そうすれば、お金はかかりますが、処置をしてもらえばその後のお手入れが楽になりますのでおすすめです。いつ、どんな場合にも、人に見られても恥ずかしくない状態にしておくことは、女性の願いでもありますよね。

 

このように、ムダ毛処理方法にはさまざまな方法がありますが、お肌をなるべく傷付けない方法を用いたいものです。色素が沈着してしまうくらいムダ毛処理に追われている人は思い切って脱毛をしてみるのもひとつの手といえるでしょう。

 

まとめ

【必見!】ツルツル美肌のなる5つの正しいムダ毛処理法とおすすめのやり方とは?
その1 ムダ毛処理方法の基本方法とは?
その2 ムダ毛処理方法・剃ると抜く方法
その3 ムダ毛処理方法・毛を焼く方法
その4 ムダ毛処理方法は自己処理で十分な場合も?
その5 脱毛のおすすめ理由とは?