【男子必見】モテる男はメールの頻度が違う!?

【男子必見】モテる男はメールの頻度が違う!?

男性であれ女性であれメールやLINEの返信速度や頻度を気にしてしまうものです。メールやLINEを「見ているはずなのに返信が遅い」や「いつも返信が遅い」または「あまりレスポンスがない」などと男性であれど女性からのメールに不安を抱いたり怖く感じたりすることがあります。男性のメールに対する思いと、どうしたらメールの頻度を的確に守れるかをご紹介します。

 

【男子必見】モテる男はメールの頻度が違う!?



 

 

方法その1 男性がメールに抱く思い

 男性は気になる或いは好きな女性からのメールの早さが早いほど、自分に対して興味関心を持っているのだと思い込む節があるようです。ですので、メールの返信が遅ければ、自分に対して関心がないのかと思い込み自信を喪失してしまい、憂鬱な気分になってしまいます。
 または好きな女性からのメールが来ないと、こころが勝手にハラハラしたりイライラしてしまいます。休憩時間や仕事が終ったあとにメールを確認することに対して恐る恐るスマホを見るという感覚に陥ります。メールがないと「相手が忙しいだけだ」とか「自分からメールするのはもうやめよう」などといったこころの働きが出てきます。
 その他にも男性は女性からのメールに絵文字が多いほど、自分に対して好意があるとも思い込むようです。とくにメールの文章にハートマークがあれば、単純にその絵文字の使っている部分やメールの頻度で女性の好意を判断してしまいます。男性ほど思い込みというものは激しいものだと言われています。女性にとっては、絵文字はただの飾り文字であるケースが多いのです。

 

方法その2 相手の生活をちゃんと考えてメールしよう

 男性はメールをしたりメールを待っている間、好きな女性の生活時間や行動時間のことを考えなければなりません。真夜中や早朝、寝ているかもしれない時間帯や朝のメイク時間にメールが来ても、女性はすぐには返せません。好きな女性にとって非常識な時間帯にメールを送るのは避けましょう。こういった女性の行動や生活を考えることができる男性、思いやりや配慮があるというだけでも女性から見て男性の高感度は上がります。
 自分の都合や暇な時間帯だけメールを送ることもひかえたほうが良いでしょう。とくに社会人であれば、携帯を触る時間が不規則である女性も多くいます。相手の女性の生活のリズムをよく視野に入れて、メールを送っても大丈夫な時間帯を選びましょう。

 

方法その3 好きな女性へのメールの頻度

 好きな女性へのメールの頻度は、あまり多くない方が良いです。少ないと思われるかもしれませんが、週に1日から3日くらいのやり取りが逆に功を奏します。メールはたくさんすればするほど、女性への高感度が上がるわけでは決してありません。メールは恋のツールのひとつに過ぎません。 お互いに思い合っているのならば、メールは毎日でも構いませんが、片思いのときから連日のメールは、男性側は嬉しいことで良いのですが、女性からしてみるとそのメールに対して重く感じてしまいがちです。好きな女性がメールやLINEをしていて楽しいのか嬉しいのか、はたまた迷惑なのかを一度考えてみましょう。面と向かって話せば、女性の気持ちや顔つき、また口調から、感情は少しは把握できますが、メールやLINEでは女性側の気持ちが分かりにくいのです。

方法その4 それとなくデートに誘いましょう

 相手の女性との距離感が縮まってきたと感じたら、女性をデートに誘うメールを出しましょう。メールが続いてから2週間ほどしたら一度、声をかけてみると良いでしょう。いつまでもメールのやり取りばかりでは、女性との関係は深くならないからです。しかしここで気をつけたいのは、メールをすればするほどデートに誘えるというわけではないことを念頭においた方が良いです。
 やはりデートに誘うのは男性から、と思っている女性は多くいます。機会やタイミングを見計らって、デートや愛の告白などを試みてみると良いでしょう。誘い方は、まず「一緒に食事をどうですか?」とデートに持ち込むのが無難です。回りくどくメールで誘っても女性は気づかない場合もありますし、デートの誘いは度胸を試されているようなものですから、男らしく大きな気分で誘えば素直な気持ちが女性に伝わります。

 

方法その5 メールは共有できる話題を話そう

 とくに用のないような無意味なメールを送ることでは、男性は損をするでしょう。女性側としては、暇潰しメールに、なんと返したら良いのか分らないですし、却ってぶしつけで迷惑なメールと感じる可能性があります。
 そこで、良いメールはお互いが関心を持っている事柄に関しての文章を書くことです。とくに興味があると女性がしめしてきたら、話題を広げるためにさまざまな質問をすることができますし、本や漫画であれば自分で買って読むこともできます。映画が趣味であれば、映画を見に行こうとのちのちデートに誘えることもできます。好きな女性の趣味ならば、男性も自然とその話題に対して興味が出てくるでしょう。
 メールやその頻度は男性の自分中心的なものではなくて、好意を抱いている女性に合わせることが最も大事なことです。

 

まとめ

【男子必見】モテる男はメールの頻度が違う!?
方法その1 男性がメールに抱く思い
方法その2 相手の生活をちゃんと考えてメールしよう
方法その3 好きな女性へのメールの頻度
方法その4 それとなくデートに誘いましょう
方法その5 メールは共有できる話題を話そう