『ここで差がつく!』まつげエクステを美しく保つためのオススメのクレンジング・方法とは?

『ここで差がつく!』まつげエクステを美しく保つためのオススメのクレンジング・方法とは?

まつげエクステは、昨今では働く女性の間でも、家事や育児に忙しいママさんたちの間でも人気が高いです。まつげエクステは、1回の施術で頑張って保っても1ヶ月を過ぎると取れてしまいます。そんななか、まつげエクステをクレンジング剤の使用方法で、2ヶ月も保っている女性もいます。今回は、まつげエクステを美しく保つための秘訣や、オススメのクレンジングやその方法についてご紹介します。

 

『ここで差がつく!』まつげエクステを美しく保つためのオススメのクレンジング・方法とは?



 

 

まつげエクステとクレンジングその1 オイルクレンジングはNG

まつげエクステをつけている接着剤・グルーはオイルにとても弱くできているので、オイルクレンジングはこのグルーの接着部分が溶けてしまうので、まつげエクステが取れてしまいやすくなります。ですので、オイルクレンジング剤は使わないほうが良いといえます。クレンジング剤は、オイルフリーを選ぶことをオススメします。また、コットンで拭き取るクレンジングを使うこともできます。エクステOKなものやオイルフリー、オイル不使用と書かれた表示のあるクレンジングを選んでください。いままでオイルクレンジングを使っていた方は、メイクをゆっくりと落とすような洗い方にしたり、丁寧に拭き取ることをこころがけてください。

 

まつげエクステとクレンジングその2 オイルフリークレンジングを選ぼう

まつげエクステを美しく保つためには、オイルクレンジングではなく、オイルフリークレンジングでメイクを落とすようにしましょう。まつげエクステをしていても、下まつげにはマスカラをする方がいますので、下まつげのマスカラを除去するときには、コットンで拭くようにしておくか、美しく保つためにはオイルフリーのクレンジングに切り替えてください。オイルクレンジングは、一番メイクをキレイに落としてはくれますが、「その1」で述べたグルーという接着剤は、オイルで溶けてしまいます。オイルフリーのクレンジングは、メイクを落とすための時間はかかりますが、まつげエクステのためには丁寧にメイクを落としましょう。

 

まつげエクステとクレンジングその3 オススメクレンジング・オルビス

オイルフリーのクレンジングのなかでも、人気が高いのは「オルビス」という会社の発売しているクレンジングリキッドです。100%オイルフリーであり、まつげエクステにもお肌にも優しい成分でできていると評判が高いです。アイメイクもするりと落としてくれる優れモノであり、キレイにメイクが取れるのにお肌は保湿成分で保たれています。オルビスのクレンジングリキッドを使用して、まつげエクステをできる限り長く美しく保つことができるのです。

まつげエクステとクレンジングその4 クレンジング後の保ち方

まつげエクステを美しく長く保つ方法は、「その3」までに述べましたが、クレンジング後のまつげエクステに対する処置にも、長く保てる秘訣が存在しています。それは、ドライヤーでまつげエクステを乾かすという方法を取ることをこころがけることです。まつげエクステをつけているグルーは、オイルに弱いと述べましたが同様に水にも弱いです。まず、サロンで施術をされたあとは、しばらくエクステを水分にさらさないようにとのアドバイスを受けますので、水分に弱いまつげエクステは、ドライヤーの冷風で乾かしてあげてください。熱風や温度を高くすると、顔のお肌に悪いので、なるべく冷風にしましょう。

 

まつげエクステとクレンジングその5 その他の注意点とは?

まつげエクステは、「その4」までに述べたことを実践すると、かなり長持ちすることが分かっていますが、取れやすい人は、エクステの毛の質によって、それに合ったクレンジング選びやケアが必要となるケースもありますので注意が必要です。まつげエクステを手や指で触ったりするクセをつけないように気をつけてください。また、サングラスや眼鏡などのレンズに当たって、まつげエクステが取れてしまう場合もあります。まつげエクステを美しい状態で保つためには、うつぶせになって寝たり、衝撃を与えることを避けてください。

 

このように、まつげエクステを美しく長く保つ方法がありますので、まずはクレンジングをオイルクレンジングから、オイルフリーのクレンジングに変えることから始めてみてください。まつげエクステを長持ちさせることで、次回のサロンまでの期間を長く空けることができるからです。

 

まとめ

『ここで差がつく!』まつげエクステを美しく保つためのオススメのクレンジング・方法とは?
その1 オイルクレンジングはNG
その2 オイルフリークレンジングを選ぼう
その3 オススメクレンジング・オルビス
その4 クレンジング後の保ち方
その5 その他の注意点とは?