【注目!】 人気モデルや芸能人の最旬マツエクとは?

【2015年注目!】 人気モデルや芸能人の最旬マツエクとは?

昨今ではまつ毛エクステをマツエクと呼ばれており、とくに若い年代の女性に流行っていますよね。サロンで施術してもらったり、自分でつけるマツエクもあります。まつ毛ひとつで、顔の印象はまったくガラリと変わってしまいます。ふさふさのボリュームのあるまつ毛が理想的ですが、もともと生まれつきボリュームがある人はあまりいません。そこでマツエクの登場となりました。今回は、人気モデルさんや芸能人の最旬マツエクとは何かをご紹介します。

 

【注目!】 人気モデルや芸能人の最旬マツエクとは?



 

 

注目の的マツエクをしよう!その1 そもそもマツエクとは?

まつ毛エクステ、通称マツエクとは、まつ毛のエクステンションであり、自分のまつ毛に1本ずつ人工のまつ毛を、専用の接着剤(グルー)を使って装着していく技術のことをさします。ですので、つけまつ毛とは実際には異なるまつ毛を増やす方法です。このマツエクは、1回装着を行えば、2週間から3週間くらい取れることなく綺麗な状態が続きます。顔を洗っても落ちませんし、少し引っ張ったり、ビューラーで上方に曲げたりしても外れることはあまりありません。マツエクは、つけまつ毛と違って、まぶたに接着剤(グルー)を使いつけていくことと違い、エクステまつ毛そのものに、つけるのでまぶたに触れることがありません。そのため、皮膚に触れないので、マツエクは皮膚が弱い人にも向いています。

 

注目の的マツエクをしよう!その2 旬のマツエクの種類とは?

マツエクには、シルクやミンク、セーブルなどの種類があります。それぞれ、シルク調、ミンク調、セーブル調というもので人工の毛なので、本物の動物の毛を使ってはいません。マツエクは、作製するときの加工方法の違いなどで、人工の毛のやわらかさやカールの長持ち、はり、つやなどがそれぞれ変わってきます。また旬のマツエクは、本物の人の毛を使ったものも存在しています。

 

注目の的マツエクをしよう!その3 マツエク装着方法とは?

最旬のマツエクの装着方法は、自分のまつ毛につけていくので、まぶたなどの皮膚には触れません。接着剤が触れることもありません。自分のまつ毛の根元から、0.5mmから1mm離したところに装着していきます。マツエクがまぶたに当たらないように、最も注意が必要だからです。まつ毛の状態に合わせて、上、横、下の部分からまつ毛に沿うようにして、接着剤を塗っていきます。マツエクが、たまにちくちくと痛んだりするケースがありますが、自分のまつ毛と皮膚とマツエクの距離が短かったりするためです。

注目の的マツエクをしよう!その4 痛む場合とマツエクのタイミング

マツエクがちくちくと痛むケースでは、接着剤が乾くときに少し縮むため、マツエクをつけた時点では違和感が見られなくても、時間が経って接着剤が完璧に乾いていくとちくちくと痛むことがあります。接着剤の縮み方と距離感をしっかり計算していないことが原因となっています。また、マツエクをつけるタイミングですが、自分のまつ毛というのは、成長期、退行期、休止期、脱毛という流れで成長し抜け落ちていきます。多くのマツエクの種類があるなかで、まつ毛の本数を減らすことなくマツエクをまつ毛の成長期間に合わせた装着方法が必要となります。

 

注目の的マツエクをしよう!その5 やや上むきカールが流行り

モデルさんや女優さんなどがつけているマツエクは、現代ではナチュラルなマツエクがブームとなっています。カールを行うときも、ナチュラルさを出すために、少しだけ上向きにします。以前ならば、根元から急カーブするようなマツエクが流行っていましたが、現代では毛先だけを上向きにするカール方法が流行りです。日本人女性は、この毛先を上向きにしたほうが、目元に合わせやすいといえるからです。まつ毛本来の、まつ毛の良さを出す方法ともなっています。極端に目尻にボリュームを出すのではなく、自然に目尻にかけてボリュームを出す方法が最も旬なメイク方法とされています。大人の女性の色っぽさを、マツエクをつけた目力が、アップさせてくれるのです。

 

このように、マツエクはときと場合とにより、また時代によって流行りが変わってきますので、モデルさんや女優さんのマツエクをしっかり見たり、サロンで流行りを聞き込んだりして、ナチュラルな仕上がりになるように、マツエクを装着してもらいましょう。見た目がガラリと変わってくるはずです。

 

まとめ

【注目!】 人気モデルや芸能人の最旬マツエクとは?
その1 そもそもマツエクとは?
その2 旬のマツエクの種類とは?
その3 マツエク装着方法とは?
その4 痛む場合とマツエクのタイミング
その5 やや上むきカールが流行り