【劇的に痩せる】簡単マッサージでむくみ解消!!

【劇的に痩せる】簡単マッサージでむくみ解消!!

デスクワークをしている女性やアパレルショップの立ち仕事をしている女性などは、朝はきつくはなかった靴やブーツが、家に帰るころには、むくみが発生してキツイと感じることがありますよね。1日の終りに足がパンパンに腫れているような気がするという女性少なくないでしょう。今回は、簡単マッサージでむくみを解消する方法と、むくみの主な原因についてご紹介します。

 

【劇的に痩せる】簡単マッサージでむくみ解消!!



 

 

むくみ解消マッサージ!その1 ふくらはぎがむくみやすいのは何故?

よく、デスクワークや立ち仕事の方は、夕方になるとふくらはぎがむくんでしまっているということがよくありますよね。ふくらはぎがむくみ出す原因というものが存在しています。心臓から全身に送り出されていく血液は、細胞に酸素や栄養分を届けると、次は二酸化炭素や老廃物、余計な水分などを拾って、静脈やリンパ管を通じて、再び心臓に戻ってくるという仕組みをもっています。しかし、心臓から遠い位置にある足に流れて行った血液は重力に逆らって、ふくらはぎの筋肉がポンプとなって血液を押し戻す役割をもっています。ヒトの下半身には70%の血液が集まっているとされています。この下半身の血液を心臓に押し返しているふくらはぎは、第二の心臓とも呼ばれています。

【劇的に痩せる】簡単マッサージでむくみ解消!!

むくみ解消マッサージ!その2 むくみの原因とは?

ふくらはぎにむくみが発生することには、主に2つの原因があるとされています。1つ目は一過性のむくみです。もう1つは血管などの病気による危険信号であることがあります。慢性的ではない、一過性のむくみの原因には、長期間同じ姿勢でいることが1番目に挙げられます。長期間同じ姿勢をとっていると、ふくらはぎの筋肉の働きが少なくなり、筋肉の働きによる血液を押し戻すポンプの役割が上手くいかず、血液やリンパの流れはスムーズにならなくなり、ふくらはぎがむくみます。次に挙げられる原因には、筋力の低下でのむくみの発生です。運動不足でふくらはぎの筋力や筋肉が低下すると、上記と同じように、ポンプの役割を果たしてはくれず、余分な水分や老廃物は心臓へ戻っていきません。

 

むくみ解消マッサージ!その3 ふくらはぎのむくみをマッサージで!

ふくらはぎのむくみを解消する方法のひとつには、筋肉や筋力を鍛えることで、ポンプの役割をきちんとさせてあげることで、むくみは解消してきます。とくに、むくみが発生した場合には、血流をスムーズに流れるようにしてあげることも必要です。そこで、ふくらはぎをむくみから解放してあげるための細くする方法としてマッサージをすることが良いとされています。

むくみ解消マッサージ!その4 ふくらはぎのためのマッサージとは?

ふくらはぎにたまってしまった余分な老廃物や水分を、スムーズに押し流すためには、ふくらはぎのマッサージが一番良いとされています。とくに、入浴が終わったあとの、血流が良い状態で行うとより効果が期待できます。このとき、むくみを解消するには、リンパの流れをスムーズにしてあげることが大事なこととなってきます。1日に5分間のマッサージで効果は得られるので、ぜひ試してみてください。

 

むくみ解消マッサージ!その5 リンパマッサージの方法とは?

まず、両手で足首から膝に向かって撫でて、膝の皿から膝の裏側を撫でます。左右5回ずつマッサージしてください。すねの骨から足首にかけて両手の親指で上へと押してください。もう片方のすねも同じように押してください。次に、膝裏のリンパ節を刺激します。足首から膝の裏までのふくらはぎをマッサージしましょう。これで、膝裏にあるリンパ節が刺激されています。次に、膝を曲げて座りましょう。両手の中指を重ねてから、委中という、膝裏の中央の部分を押します。これはむくみを解消するツボとなっています。

 

このように、1日の終りに足がむくみ、なかなか取れないと思っている方は、お風呂に入って血流が良くなってから、マッサージをしてあげることで、一過性のむくみの場合は、リンパマッサージでかなり軽減されます。マッサージをしてあげてもなかなか、むくみが取れない場合は、下肢静脈瘤などの病気が疑われますので、まずは病院に行ってみましょう。リンパマッサージがよく効くと良いですね。

 

まとめ

【劇的に痩せる】簡単マッサージでむくみ解消!!
その1 ふくらはぎがむくみやすいのは何故?
その2 むくみの原因とは?
その3 ふくらはぎのむくみをマッサージで!
その4 ふくらはぎのためのマッサージとは?
その5 リンパマッサージの方法とは?