「愛されボディー」熊田曜子の胸を残すご自宅簡単ダイエット4つの方法

「愛されボディー」熊田曜子の胸を残すご自宅簡単ダイエット4つの方法

グラビアアイドルで、お子さんも出産した熊田曜子さん。
とても子どもを産んだとは思えないボディーは、お家で子育てしながら簡単に実践したダイエットの証です。
ママさんならではの、母乳を大事にした健康ダイエット方法と愛されボディーのつくり方は見習いたいところです。そんな熊田曜子さんが実践したダイエット法をご紹介します。

 

「愛されボディー」熊田曜子の胸を残すご自宅簡単ダイエット4つの方法



 

その1 徹底的に食事管理

母乳を飲むお子さんがいるお母さんの熊田曜子さんは、無理な食事制限のダイエットよりも、カロリーコントロール計算をきちんとして「食事管理ダイエット」を行いました。
揚げ物は、少し多めの油で焼き上げる。薄味で野菜たっぷりのスープ。女性らしい美ボディーをサポートするイソフラボンの沢山入った豆腐をお腹が空いたら食べる。
甘いものがどうしても食べたいときは我慢せず一日のうちで一番消費カロリーが激しいといわれている午前中に食べていたようです。
ただ、食事管理をするわけではなく、お子さんのためにも母親として美味しい母乳にするために安全で健康的なダイエットに向いている食物をチョイスしていたんですね。

 

その2 姿勢を正すだけで筋肉アップ

ついつい、姿勢が悪くなりがちな日常生活を送っていませんか。
それは、本当にもったいないことです。熊田曜子さんは、この日常生活のなかで姿勢を正しくするだけで筋肉をつけて、新陳代謝をあげるボディーづくりを実践していました。

・座るときこそ姿勢を正して意識して筋肉を使おう
・肩甲骨を意識して姿勢を正し猫背を改善

椅子に座るときは、背もたれから拳二つ分放して両脚を揃えて下っ腹の腹筋を意識しながら姿勢を保つように座ると効果的です。
立ったとき。姿勢が猫背になりがちな方は後ろで両手を肘を持つように組んだ姿勢で胸を張って立つようにすると、肩甲骨の運動にもつながり綺麗な姿勢とスッキリ背中を手にすることができます。

その3 いつでも赤ちゃんと一緒にスクワット

赤ちゃんて小さいけど、意外としっかりした重さがあるんです。
赤ちゃんの重さと顔をみながら一緒に楽しくあやしながらできる熊田曜子さんの実践していたスクワット方法です。
・気になる二の腕は、座りながら赤ちゃんを高い高いしてあげると効果的。
・ヒップアップには、赤ちゃんを片手に抱きながら四つん這いになってバランスをとり脚をあげる。

 

その4 自分のカラダに触って「愛されボディー」をつくる

さすが、グラビアアイドルです。ダイエットでも胸が落ちない工夫をしっかりされています。
食事管理の他に、熊田曜子さんが実践していたのは「胸を揺らさない運動方法」。
ほぼ胸は脂肪の塊なんです。なので乳房を揺らす運動方法は、その脂肪を燃焼させてしまい気が付けば胸が痩せてしまっているという現象が起こります。ならば、揺らさなきゃいい!と、晒を胸に巻いて運動をしていました。また、プールを上手に利用して運動量を増やしています。そして、愛されボディーをつくる一番のポイントは、自分のカラダの隅々を触ってあげることかもしれません。時間があるたびに、熊田曜子さんはあちこち、自分のカラダを触っては気になる部分をギュッと絞ったりマッサージしていました。セルロイドなどには、もみほぐすことがとても効果があります。触ることで。女性ホルモンが分泌されやすくなり女性らしい胸とくびれたウエストをもつ愛されボディーに、なれるのです。

 

「愛されボディー」熊田曜子の胸を残すご自宅簡単ダイエット3つの方法は、いかがでしたでしょうか。すぐにでも体型を戻したいと思っても、授乳中は子どものことも考えてダイエットを進められるといいですよね。そんな良いお手本が熊田曜子さんのダイエットかもしれません。ちょっと意識して姿勢を正すことで、ご自宅でもお子さんがいても綺麗なママになれます。ダイエットで胸を落とさない愛されボディーのつくり方は、すぐにでもできる方法です。

 

あなたのカラダは、あなたのモノですから愛でてあげて愛でられるボディーへ。

 

まとめ

「愛されボディー」熊田曜子の胸を残すご自宅簡単ダイエット4つの方法
その1 徹底的に食事管理
その2 姿勢を正すだけで筋肉アップ
その3 いつでも赤ちゃんと一緒にスクワット
その4 自分のカラダに触って「愛されボディー」をつくる