【魅力的なくびれ】を手に入れる!最高効率エクササイズとは??

【魅力的なくびれ】を手に入れる!最高効率エクササイズとは??

くびれを作るためには、いまあるぽっこりお腹をどうにか引っこめたり細くしたりする必要がありますよね。くびれを作るエクササイズはたくさんあります。なかなか解消されることのないぽっこりお腹はそれをカバーするかのように体型隠しのワンピースなどを着て、ごまかしていませんか?今回は、魅力的なくびれを作るための最高効率エクササイズをご紹介します。

 

【魅力的なくびれ】を手に入れる!最高効率エクササイズとは??



 

 

魅力的なくびれを作る方法とは?その1 腹筋を頑張る!?

魅力的なくびれを作るためには、腹筋をどんなに頑張っても効果はあまりありません。というよりも腹筋でくびれを作ることはできない人間の仕組みになっているのです。くびれを作るために鍛えるのは腹斜筋という部分であり、通常の腹筋で鍛えられる部位の筋肉とは違う部分にあります。腹斜筋という部分は、肋骨の下のほうにある斜めになっている筋肉のことです。くびれを作るためには、この腹斜筋を刺激してあげることでくびれたウエストを作ることが可能となります。

【魅力的なくびれ】を手に入れる!最高効率エクササイズとは??

魅力的なくびれを作る方法とは?その2 エアフラフープをしよう!

エアフラフープは実際にフラフープを使っていなくても、フラフープを回していることに見立てて腰を回すことです。フラフープを回せば、くびれを作ることができると考えられていますよね。くびれを作るためにフラフープを買う余裕がなかったり、家や部屋でフラフープを回す場所がなかったりする場合には、このエアフラフープを回しているつもりになって回すという方法がくびれを作るためには有効です。また、近所のホームセンターなどにフラフープが売られていない場合もありますよね。フラフープがなくてもできますので、学校や散歩で訪れた公園などでも腰を回すことができます。エアフラフープをすれば、くびれを作るためのお腹周りのインナーマッスルが鍛えられるので、魅力的でキレイなウエスト周りを作ることが可能です。では、エアフラフープを実際に行ってみましょう。

 

魅力的なくびれを作る方法とは?その3 エアフラフープの回し方とは?

エアフラフープは1日に10分間行うだけでもいいですし、時間がないときは短縮して5分間行っても良いのですが、継続して毎日行うことが必要不可欠となります。くびれを作るためには、毎日の努力が必要となりますし、エアフラフープはそんなに難しい運動ではないので、毎日継続して行うことが可能です。まず、立った状態で背筋を伸ばし両足を肩幅まで開いてください。それから、片足を一歩前にもう一方の足を一歩後ろに出して膝を少し曲げます。その次に、両手の力を抜いて、横か上に伸ばしてください。そして、腰を前後にリズミカルに振ります。このとき注意したいのは、腰を急激に振らないようにすることです。右回りに終わったなら次は左回りに回しましょう。

魅力的なくびれを作る方法とは?その4 エアフラフープの注意事項とは?

エアフラフープの回し方は分かりましたが、エアフラフープの回し方の注意事項があります。まず、くびれを作るためのエアフラフープの回し方のフォームに注意を払いましょう。お腹を前に突き出した格好となるのが理想的です。そして腹筋を使って、腰を前後に動かしますが、このさいに、お尻は突き出さないようにこころがけましょう。そして、早く腰を回そうとせず、ゆっくりと腰を回しましょう。自然なくびれを作ることができます。

 

魅力的なくびれを作る方法とは?その5 エアフラフープ中は呼吸を止めないで!!

もうひとつのくびれを作るためのエアフラフープの注意事項は、上半身をなるべく動かさないようにして、身体全体を使うのではなく、腰をよく使ってフラフープを回すことをイメージしながら行いましょう。また、エアフラフープ中は呼吸を止めないことが重要です。エアフラフープを回し続けていれば、ぽっこりお腹は次第に意識されて力が入り筋肉がついてきますので、解消されてくるでしょう。

 

このように、くびれを作るためのエアフラフープ運動をご紹介しましたが、実際にはフラフープがあればそれに越したことはありません。激しく回し過ぎたり長時間運動をして思わぬ事故につながらないように気をつけながらフラフープ回しをしてくびれを作ることに励みましょう。

 

まとめ

【魅力的なくびれ】を手に入れる!最高効率エクササイズとは??
その1 腹筋を頑張る!?
その2 エアフラフープをしよう!
その3 エアフラフープの回し方とは?
その4 エアフラフープの注意事項とは?
その5 エアフラフープ中は呼吸を止めないで!!