コルセットを着けるだけで【くびれ美人に!】その効果と危険性とは?

コルセットを着けるだけで【くびれ美人に!】その効果と危険性とは?

昨今ではくびれ美人というコトバをよく耳にしますよね。誕生日がくるたびに、だんだんと代謝能力は低下していき、くびれ美人だった女性にくびれがなくなってしまった、という事態に陥ってしまった方もおられることかと思われます。とくに昨今、コルセットダイエットという、コルセットを着けるだけでくびれ美人になれるという情報が飛び交っています。今回は、コルセットによりくびれ美人になるのかどうかの効果とコルセットの危険性についてご紹介します。

 

コルセットを着けるだけで【くびれ美人に!】その効果と危険性とは?



 

くびれ美人の効果と危険性とは?その1 副作用に注意が必要!!

コルセットとは、古来からウエストが細く見えるように女性が着る下着ですよね。医療用の、ぎっくり腰やヘルニアに用いられるものとは違いますので、購入をするときには、女性の下着屋さんに行って、ウエスト周りやどのコルセットが良いかどうかを店員さんと話し合って決めることがとても大事です。コルセットを購入したら、1日のなかで長い時間着用しなければ、くびれ美人の効果はあまり期待できません。だからといって、ウエスト周りを細くしたいがために、コルセットのサイズを小さくし過ぎると、ただウエスト周りや肋骨のあたりまでが痛かったり苦しかったりという副作用がでてきます。ひもを自分で苦しくない程度に調節しつつ身に着けることが大切です。

コルセットを着けるだけで【くびれ美人に!】その効果と危険性とは?

くびれ美人の効果と危険性とは?その2 コルセットの種類とは!?

コルセットの主な種類には、オーバーバストコルセットとアンダーバストコルセットなどの種類があり、ほかにもありますので、自分によく合ったものを下着屋さんで選ぶようにしましょう。ウエスト周りやくびれ美人になるためには、アンダーバストコルセットを使用することが一般的だとされています。また、形でいうと、アンダーバストコルセットは、胸が隠れないコルセットであり、オーバーバストコルセットは、胸が隠れるくらいのコルセットです。くびれ美人になるためには、アンダーバストコルセットを使うことで、丈が短いためウエスト周りを締めつけることに長けているのでくびれができるのです。

 

くびれ美人の効果と危険性とは?その3 眠るときには絶対外す!!

アンダーバストコルセットを使用するといっても、丸1日着用しているわけではありません。とくに眠るときには、汗をかきますので蒸れることから外した方が良いですし、締めつけられていると寝つきが悪くなったりします。コルセットでくびれ美人になるには、デメリットとしては、息苦しさを感じたり締め付けが苦しかったり、くびれ美人になるまでに長い期間がかかるということを、念頭に入れておきましょう。

くびれ美人の効果と危険性とは?その4 実際に着用が続かなかった女性も!?

コルセットでくびれ美人になることにあこがれがあったり、ウエスト周りが細くなったら、今まで入らなかったサイズのスカートを穿けるようになるという考えで、コルセットを試してみた女性は、軽く締めたとしても「めちゃくちゃきつい」と感じたそうです。いつかドレスを着るときには、くびれ美人であったほうが良いですが、コルセットでくびれ美人になるためには、忍耐強くないといけませんよね。

 

くびれ美人の効果と危険性とは?その5 かなり根気のいるコルセット

コルセットでくびれ美人になることはできますし、世界中を探せば、ウエスト周りが33cmの女性もいることに驚きますよね。コルセットでくびれダイエットを目指していたとしても、中途半端に着用するだけでは、長続きしなくてあまりの苦しさから途中でやめてしまうという女性も多くいます。また、とくに夏場はコルセットでの汗で使用している部分が蒸れますので、お腹の周りがかゆくなるという女性もいます。逆に冬場は、暖房が利き過ぎると夏場と理論は一緒で蒸れてかゆくなるといった現象がでてくるともいわれています。

 

このように、コルセットでくびれ美人を目指すときには、マイナス何cmかという目標を立てて、長期間かかるダイエットなので根気強く続ける必要性があります。途中で投げ出すとまた1から始めることになるので、くびれ美人になる!!と、意を決してコルセットを巻くと良いでしょう。

 

まとめ

コルセットを着けるだけで【くびれ美人に!】その効果と危険性とは?
その1 副作用に注意が必要!!
その2 コルセットの種類とは!?
その3 眠るときには絶対外す!!
その4 実際に着用が続かなかった女性も!?
その5 かなり根気のいるコルセット