『モデル絶賛!』運動ゼロでくびれが出来る!?良い姿勢をとるだけダイエットとは?

『モデル絶賛!』運動ゼロでくびれが出来る!?良い姿勢をとるだけダイエットとは?

女性は年齢30代40代を過ぎてゆくにつれて、ダイエットを継続して行っても、痩せにくくなってきますよね。ボディラインも崩れがちになり、いつの間にか「あれ?ウエストラインがない・・・」なんてことになってしまいますよね。食べる量は昔から増えてはいないのに、ほかの女性やママ友たちとの差ができてしまうのは、あなたの姿勢に原因がある可能性が高いのです。今回は、運動ゼロでくびれが出来る!?良い姿勢をとるだけダイエットをご紹介します。

 

『モデル絶賛!』運動ゼロでくびれが出来る!?良い姿勢をとるだけダイエットとは?



 

 

良い姿勢でくびれゲット!その1 女性だからくびれがない!?

女性はとくに、お腹に脂肪がつきやすくなっています。進化のせいか、創造のせいかは意見の分かれるところですが、お腹周辺にお肉がたまりやすいことは確かです。多くの女性がウエスト周りやくびれが欲しくてダイエットに励んでいたり、諦めていたりしているのです。お腹周りに脂肪がつきやすい理由としては、お腹に臓器が密集しているのに、臓器を守る骨がなく、さらに女性は子宮や卵巣を守らないと子孫を残せないという本能やホルモンバランスから言っても、お腹に脂肪がつきやすいのだとされています。また、年齢を重ねるごとに、基礎代謝能力は低下していきますので、太りやすい体となってしまいます。そして、このウエスト周りにくびれがなくなる理由には、姿勢が関係しているのです。

 

良い姿勢でくびれゲット!その2 日常生活の姿勢から判断できる

日常生活のなかで、あなたが自然ととっている姿勢がありますよね。姿勢は意識しないと、だんだんとお年寄りのように背筋は曲がっていきます。また、姿勢にいつも気を配らないと、ウエストにも影響を来たすのです。たとえば、ウエスト周りが目立たない服装が多い方、運動をする習慣のない方、ストレス発散方法に暴飲暴食をする方、デスクワークが多い方、ボトムのウエストはゴムを選ぶ方、冷え性の方、猫背の方、これらの姿勢や生活習慣では、ウエスト周りのくびれはなくなってしまいます。こういった生活習慣をとっている方は、意識して改革していきましょう。

 

良い姿勢でくびれゲット!その3 まず、NG項目を減らそう!

「その2」で述べた項目に少しでも当てはまっている方は、生活習慣を見直すことを、まず行いましょう。日常生活のなかで少し気を配るだけで、くびれはできるものなのです。もっとも、ウエスト周りのくびれに悪影響をもたらしているのは、猫背です。猫背の女性は、お腹に脂肪がたまりやすくなります。というのは、ウエスト周りの筋肉が引き伸ばされずに筋肉は縮んでいる状態をずっと保っていることになります。長時間猫背でいることにより、脂肪がたまりくびれはなくなり、骨盤が歪んで、背骨も真っ直ぐなところがズレます。骨盤や背骨は、いったん悪くすると、なかなか治りにくいので注意して猫背は正しましょう。

良い姿勢でくびれゲット!その4 骨盤に意識を持って!!

骨盤は、猫背の次に意識して欲しい箇所です。くびれを作るためには、骨盤の高いところを体の真横にすることを意識しましょう。とくに大事なのは、ウエスト周りの筋肉を使うことです。骨盤と背骨、肋骨の部分を正しいところに保つことで、筋肉は自然と鍛えられます。猫背と同じく、座ったときなどはとくに骨盤の位置に気を配りましょう。

『モデル絶賛!』運動ゼロでくびれが出来る!?良い姿勢をとるだけダイエットとは?

良い姿勢でくびれゲット!その5 真っ直ぐに立ってみる!!

壁にそって立ってみるということは、姿勢を真っ直ぐにする練習になります。壁には、かかととお尻、頭をくっつけて立ちましょう。また、背骨におへそを押して立つことに気をつけましょう。骨盤の位置を把握しておくことも大事です。とくに座ったときにあぐらをかく女性は、骨盤や背骨が歪みますので、なるべく控えたほうが、くびれを作るためには必要です。

 

このように、くびれは姿勢を正すということだけでも、作ることが可能なのです。毎日、くびれのためのエクササイズを行っていても、猫背やあぐらをかいていては、くびれにお肉はついたままになってしまいます。運動も大切なことですが、できる限り、良い姿勢を保つことをこころがけましょう。

 

まとめ

『モデル絶賛!』運動ゼロでくびれが出来る!?良い姿勢をとるだけダイエットとは?
その1 女性だからくびれがない!?
その2 日常生活の姿勢から判断できる
その3 まず、NG項目を減らそう!
その4 骨盤に意識を持って!!
その5 真っ直ぐに立ってみる!!