コラーゲン豊富な食品と効果的に生成させるポイントとは?

コラーゲン豊富な食品と効果的に生成させるポイントとは?

コラーゲンは、ニキビ肌の改善のためには必須な成分です。ニキビ肌を改善するには、お肌の再生力が必要となります。この再生力や美肌をキープするためには、コラーゲンが身体に欠かせないものとなっています。このコラーゲンを上手く身体に摂り入れるには、どのような食品を摂ったらいいのでしょうか?今回は、コラーゲン豊富な食品と、コラーゲンを効果的に生成するためのポイントをご紹介します。

 

コラーゲン豊富な食品と効果的に生成させるポイントとは?



 

 

コラーゲンと食品の関連性とは?その1 コラーゲンのある食品

コラーゲンを豊富に含んだ食品とは何でしょうか?それは、動物性食品と海洋性食品とに分けられて考えられています。動物性食品には、豚足やとりの皮、手羽先、軟骨、牛テール、牛すじ、豚バラ肉などに含まれ、牛や豚、鶏などを煮込んで作られたラーメンのスープなどにも多くコラーゲンが含まれています。海洋性食品には、エビやくらげ、すっぽんなどに多くコラーゲンが含まれているとされています。また、ゼラチンやゼリー、プリン、杏仁豆腐などにもコラーゲンが含まれています。コラーゲンが多く含まれている食品はカロリーが高いので、一気にたくさん食べることは身体やお肌のためにも控えましょう。

 

コラーゲンと食品の関連性とは?その2 コラーゲンの大きな分子と小さな分子とは?

コラーゲンは、多くのアミノ酸やペプチドなどから成り立っている高分子のたんぱく質とされています。このままの高分子では身体にうまく吸収されにくいという側面をもっていますので、この高分子のコラーゲンを小さな分子のコラーゲンにしなくてはなりません。この小分子のコラーゲンをコラーゲンペプチドといいます。コラーゲンペプチドは、小分子なので身体への吸収スピードがとても早く、吸収される確率も当然高くなります。コラーゲンペプチドは、冷やしても固まりにくいので、パウダーにしていたりドリンクに配合したりすることができます。

 

コラーゲンと食品の関連性とは?その3 まずアミノ酸に分解されるコラーゲン

コラーゲンを摂ると、いくつもの種類で成り立っているコラーゲンは身体のなかでアミノ酸に分解されていきます。そして身体の至るところに運ばれていき、再びコラーゲンとして生成されていきます。コラーゲンの生成する力は、年齢とともに減少していきますので、サプリメントなどで補う必要もあります。コラーゲンは食品から毎日摂り続けることはなかなか難しいものです。サプリメントやコラーゲンドリンクなどを用いてコラーゲンを身体にプラスしていきましょう。1度にたくさんのコラーゲンを食品から摂るのではなく、少しずつサプリメントやドリンクなどの食品で身体に継ぎ足していってください。

コラーゲンと食品の関連性とは?その4 コラーゲン生成のためには

コラーゲンを生成するために必要な成分は、アミノ酸です。そのなかでもアミノ酸はリジンとプロリンとに分けられていますが、リジンは必須アミノ酸であり身体のなかでは作られないので、食品から補って食べることが必要となります。リジンを多く含んでいる食品は、チーズや牛乳の乳製品や鶏肉です。プロリンは、グルタミン酸から作られている非必須アミノ酸です。たんぱく質がなくなると、身体のなかで生成されにくくなりますので、食品から摂る必要があります。プロリンが含まれている食品は、豚肉やゼラチン、ゼリー、マシュマロ、小麦、大豆などです。

 

コラーゲンと食品の関連性とは?その5 絶対必要!ビタミンC

コラーゲンの生成には、ビタミンCが欠かせない存在となっています。コラーゲンはビタミンCと一緒に食べたり飲んだりすると、身体への吸収力が高くなる傾向にあります。たんぱく質の一種であるコラーゲンは身体のなかでアミノ酸に分解されたあと、皮膚や関節に行き届きます。それからまた再生をするのですが、その再生のためにはビタミンCを一緒に摂ることが必要不可欠だとされています。またビタミンCは単体でサプリなどから摂ることでも、コラーゲンの生成に役立つ成分となっています。

 

このように、コラーゲンの生成には原料となっているアミノ酸に加えてビタミンCが必要であることが分ります。コラーゲンを効率よく身体のなかに入れたり生成したりするためには、ビタミンCが多く含まれている食品や、サプリメントなどで補うようにしましょう。

 

まとめ

コラーゲン豊富な食品と効果的に生成させるポイントとは?
その1 コラーゲンのある食品
その2 コラーゲンの大きな分子と小さな分子とは?
その3 まずアミノ酸に分解されるコラーゲン
その4 コラーゲン生成のためには
その5 絶対必要!ビタミンC