【リバウンドなし!】食べ方で健康的に痩せる5つの方法とは?

【リバウンドなし!】食べ方で健康的に痩せる5つの方法とは?

ダイエットは、食事は切っても切れない関係にあります。食事が少な過ぎても多過ぎても健康的に痩せることはできません。食事制限をしても太ってしまった女性のなかには、食べ過ぎによってカロリーオーバーしてしまった方が多くいることかと思われます。ダイエットをする上で、大事なことは食べ方を改善するだけで健康的に痩せることができます。今回は、リバウンドすることを避け、食べ方を変えるだけで健康的に痩せる方法をご紹介します。

 

【リバウンドなし!】食べ方で健康的に痩せる5つの方法とは?



 

 

食べ方で健康的に痩せるその1 朝食はきちんと食べることが必要

朝、起床してから日光の光を浴びると、脳の体内時計がリセットされるといわれていますよね。それから、起床して1時間以内に朝食を食べましょう。そうすることで、消化器系の内臓の体内時計もリセットされるのです。これを行うことで、身体の1日の活動準備が整います。それは最大限のエネルギーを使って生活をすることができるということです。消費されるエネルギーが必然的に高くなるわけです。消費されるエネルギーが高いということは、痩せやすくなるといえます。また、朝食を1時間以内に食べないでいると、身体が眠っている状態が続きますので、消費エネルギーは少なくなるので太ってしまいます。
きちんと朝食を食べて健康的に痩せることができます。

 

食べ方で健康的に痩せるその2 早食いは太る

食事を食べるときに、早食いをすると太る一方です。というのは、早食いは必然的に噛む回数が減りますよね。噛む回数が少ないということは、それだけ満腹中枢が満腹と感じるまでに次々に食べてしまいます。満腹中枢との関連で、早食いをするとつい食べ過ぎてしまいます。食べ物を口に入れたら最低でも、一回につき30回は噛みましょう。食べるスピードが落ちますので、満腹感を得られるようになりますので、つい食べ過ぎてしまうことから抜け出せる食べ方で健康的にやせる方法といえます。ちゃんと噛んで食べると、唾液の分泌にもつながり、口内の細菌を失くしてくれる働きがありますので、歯周病にも役に立ちます。

 

食べ方で健康的に痩せるその3 食事中の水分量を考える

健康的に痩せるには、水をたくさん飲むことで空腹時の苦痛を減らすよりは、食事をきちんと食べて、食事中の水分量を少なめに抑えましょう。大量の水を飲むと、消化に必要とされる胃酸が薄まります。はっきり言ってこれでは身体に負担をかけてしまい、消化不良を引き起こします。食べ物を食べるときにも、大量の水を飲むと、噛むことを忘れ「その2」で述べた、必要な噛む回数が減り、水で食べ物を流しこんでしまうことにつながってしまいがちとなります。

食べ方で健康的に痩せるその4 食べ物を食べる時間帯を考える

人の身体は、血糖値が上下しています。身体が太りやすくなったり痩せやすくなったりする時間帯というものが存在します。これを利用して、健康的に痩せることが可能です。血糖値が上がると、太りやすくなりますが、反対に血糖値が下がると痩せやすくなります。ですので、血糖値が低いときになるべく食事を取るようにこころがけましょう。痩せやすい血糖値が低い時間帯は、6時から7時、10時から11時、16時から17時となっています。1日に3回訪れるこの痩せやすい時間帯を狙って食事を取りましょう。

 

食べ方で健康的に痩せるその5 20時以降の時間帯は食事を避けることが大事

人間の身体のなかには、ビーマルワンというたんぱく質が存在しています。このビーマルワンは血液中の脂肪分を蓄積する働きをもっています。ビーマルワンは、身体のなかでは常に一定というわけではなく、時間帯で上がったり下がったりします。とくにビーマルワンの量が一番少ない時間帯は、14時から16時です。この時間帯からビーマルワンはどんどん増加していきます。ビーマルワンの量がもっとも多いときに食事を取ると脂肪をためやすくなるので太ってしまいますが、反対に量が少ない時間帯は脂肪がたまりにくくなります。16時以降はビーマルワンが増加していきますので、夜の間はとくに食事を取るのは避けた方が無難だといえます。

 

このように、基本的に健康的に痩せるには、食事をきちんと取ることが必要となります。食事制限や食事を抜くことにより、身体が反応してしまい、次の食事のときに栄養をたくさん吸収し脂肪をためやすくなってしまうのです。ですので、食事制限で食事を抜くというダイエット方法では、健康的に痩せることにつながりませんので気をつけましょう。

 

まとめ

【リバウンドなし!】食べ方で健康的に痩せる5つの方法とは?
その1 朝食はきちんと食べることが必要
その2 早食いは太る
その3 食事中の水分量を考える
その4 食べ物を食べる時間帯を考える
その5 20時以降の時間帯は食事を避けることが大事