毛穴の【黒ずみ・汚れ】 肌が超つるつるになる正しい洗顔方法とは?

毛穴の【黒ずみ・汚れ】 肌が超つるつるになる正しい洗顔方法とは?

あなたは、毛穴の黒ずみや汚れが気になってはいませんか?世の中の多くの女性は、お肌のトラブルのなかでも、毛穴の黒ずみや汚れが気になっているかと思われます。毛穴の黒ずみや汚れは、洗顔で落とそうと頑張ってごしごし洗ってしまいがちですが、これは洗顔のNG行動です。お肌のとくに顔をごしごしと洗ってしまうと、お肌が乾燥したり余計な油分まで取り除いてしまいますので、毛穴の黒ずみや汚れが気になっているかたは、これからご紹介する方法で、毛穴ケアと洗顔を行ってみることをオススメします。

 

毛穴の【黒ずみ・汚れ】 肌が超つるつるになる正しい洗顔方法とは?



 

 

毛穴ケア洗顔の正しい方法とは?その1 第一に行うこと!!

日常生活では、メイクや皮脂の汚れなどで、毛穴の黒ずみや汚れが気になっている場合が多くあるかと思われます。こういったケースでは、まず、洗顔を行う前にすることがあります。それは蒸しタオルを使った、洗顔前の作業となります。この作業は比較的簡単に行うことができますので、毛穴の黒ずみや汚れが気になっているときには、洗顔の前に取り入れてください。その方法とは、洗顔前に蒸しタオルで毛穴を開かせるというものです。そして毛穴を開かせたなら汚れが浮かび上がってきます。毛穴ケアの洗顔の第一歩となります。

 

毛穴ケア洗顔の正しい方法とは?その2 毛穴ケアの準備が大切!!

正しい洗顔を行うには、毛穴の黒ずみや汚れを一緒に落としてしまいましょう。毛穴の詰まりや黒ずみなどの毛穴汚れは、丁寧な毛穴洗顔と、お肌の水分管理、皮膚のターンオーバーなどの3つの方法で効果的に毛穴ケアを行えます。毛穴ケアというと、なかなか黒ずみや汚れが取れないため、洗浄力の強い洗顔料を使っている女性はとても多くいます。ただ、毛穴のために強い洗顔料を使ってお肌をごしごしと洗うだけでは、毛穴洗顔にもなりませんし、お肌にそうとうなダメージを与えてしまいますのでこれもNG洗顔方法です。

 

毛穴ケア洗顔の正しい方法とは?その3 蒸しタオルの作り方とは!?

毛穴の黒ずみや汚れがあるときには、蒸しタオルを使った、汚れの浮き上がらせ効果を待つことが大事となってきます。では、蒸しタオルはどうやって作ったら良いのでしょうか。蒸しタオルは電子レンジがあれば簡単に作ることが可能です。まず、水で濡らしたタオルを緩く絞ります。そのタオルをラップにつつむか、ビニール袋に入れて、電子レンジで40秒から1分くらい温度を45度くらいに設定して温めてください。お肌に乗せたときに少し熱いと感じるくらいの温度ならなおさら効果がでますので、ご自身で温める秒数を何度か繰り返しはかってちょうど良い熱さになるくらいの温度を確認してください。

毛穴ケア洗顔の正しい方法とは?その4 蒸しタオルと熱いお湯の蒸気を使う方法!!

「その3」で作った蒸しタオルは、とくに入浴中に顔に当てると効果が倍増します。お風呂の蒸気でお肌が温まった状態ですので、汗をかくことで毛穴から出る汗が、毛穴の黒ずみや汚れをやわらかくしてくれるからです。同時に、毛穴自体も開きやすくなりますよね。そして、蒸しタオルを使用すれば、さらに毛穴の黒ずみや汚れが、毛穴が開くことで浮き上がってきますので、お風呂に入る直前くらいに、蒸しタオルを作っておくとなお良いでしょう。

 

毛穴ケア洗顔の正しい方法とは?その5 洗顔の仕方とは!?

蒸しタオルを使って毛穴を開かせたあとは、洗顔を行ってください。お湯で顔を洗ったあと、洗顔料をきちんと泡立ててください。なるべく泡立てネットを使ってふんわりとした泡ができるようになるくらいまで、きちんと泡が立つようにしましょう。ふんわりとした泡で顔に乗せたあとは、くるくるとマッサージを行うくらいの強さで顔を洗います。このとき、間違ってもお肌に指が直接当たったり、ごしごしと顔を洗わないで毛穴ケアを行ってください。鼻やおでこの毛穴の部分を優しく触れると、毛穴の角栓がぽろりと取れますので、無理なごしごし洗顔はしないようにしましょう。

 

自分で泡を立てて洗う場合は、泡を立てる前に両手をちゃんとキレイに洗ってから、泡立ててください。バイ菌や手の汚れがついたまま洗っても意味がないからです。このように、毛穴の黒ずみや汚れは蒸しタオルや蒸気を使うことで、効果的に除去することが可能です。ぜひ、毎日の洗顔に取り入れてみてください。

 

まとめ

毛穴の【黒ずみ・汚れ】 肌が超つるつるになる正しい洗顔方法とは?
その1 第一に行うこと!!
その2 毛穴ケアの準備が大切!!
その3 蒸しタオルの作り方とは!?
その4 蒸しタオルと熱いお湯の蒸気を使う方法!!
その5 洗顔の仕方とは!?