【目指せ潤い肌】加湿器がなくても部屋を加湿する乾燥対策とは?

【目指せ潤い肌】加湿器がなくても部屋を加湿する乾燥対策とは?

加湿器は主に乾燥対策として冬に購入したり、加湿器を稼働させているご家庭が多いことでしょう。しかし、冬や乾燥している季節のためだけに加湿器を買うことに抵抗を覚えている人がいるのも事実です。そして、実は加湿器がなくても部屋を加湿する乾燥対策があるのはご存知でしょうか。今回は乾燥対策として、加湿器の役割を果たす物事をご紹介します。

 

【目指せ潤い肌】加湿器がなくても部屋を加湿する乾燥対策とは?



 

 

乾燥対策その1 加湿器がないと部屋はどうなる?

とくに秋の終わりから冬にかけては、部屋の中も外も乾燥しがちです。東京の月別の湿度推移を気象庁のサイトで見ると、平均的には40%から60%ですが、最低湿度が40%を超えているのは7月だけです。そのほか、12月から翌年の4月までは10%までに落ちているのです。この統計からみてもどれほど乾燥しているかを数字で知ることができます。また、乾燥をすると、風邪やインフルエンザの原因にもなるほか、女性も男性も肌が乾燥してかゆみが発生したり、お肌が荒れて粉っぽくなってしまいます。とくに冬の暖房器具エアコンやファンヒーターなどでも部屋は乾燥してしまいます。加湿器を使えば、一番良いですが、一年中使うものではないので、値段も高いですし、手が伸びないということも事実です。そこで加湿器なしで冬の部屋を快適に過ごすことができる方法を挙げていきます。

 

乾燥対策その2 濡れタオルで加湿を試みてみる

湿度はマンションや住宅の作りでも変わってきますが、実際に加湿を計測する加湿計を買って測ってみると良いでしょう。加湿計は500円ほどで、電気屋さんなどで売られています。そして加湿計を使った測定でどれほどの効果が出てくるのかを調べることを日常の行動のひとつに組み入れましょう。水の入ったコップの横に加湿計を置くと、50%だった加湿計は乾燥を低めて、55%までに上昇します。加湿対策には水や水分が必要であることが分りますよね。加湿対策に、今度は濡れたバスタオルを、加湿計のそばに干してしばらくすると、60%までに上がります。乾燥対策には、なるべく大きなバスタオルなどを部屋に干しておきましょう。お風呂上がりの濡れたタオルも乾燥対策として部屋に干すことで、一石二鳥です。お肌の乾燥が気になる方は、寝るときに、顔のそばに干すことで寝ている間に乾燥対策ができます。

 

乾燥対策その3 観葉植物で乾燥対策!?

乾燥対策として、まず自分の部屋が乾燥しているのかどうかを、加湿計がないときに測ることができます。正確な数字は出ませんが、「乾燥している」のか「乾燥していない」のかが分かる方法です。それは、氷水を入れたコップを部屋に置き、コップのまわりにすぐに水滴がつけば、部屋は適度な湿度と思っていいでしょう。逆に、3分から5分経っても水滴がつかない場合には、乾燥しているといえるでしょう。そこで、乾燥した部屋である場合は観葉植物を置くと乾燥対策となります。なぜかというと、植物は吸収した水分を葉から蒸発させるという仕組みをもっているからです。天然の加湿器と呼ばれるほど、観葉植物は葉が大きいものが多いので、葉が大きいほど水分が蒸発する量が多いですよね。なるべく大きな葉をもった観葉植物で、自分の気に入っている観葉植物を部屋に置くようにしましょう。

乾燥対策その4 洗面器やコップに水を入れておくだけ!?

乾燥対策としては、寝ている間が一番乾燥してしまうものです。朝起きたら喉が痛かったり、喉がカラカラになっている方も多いかと思われます。寝ている間には枕のそばに、水を入れたコップを倒れないように置くと良いでしょう。またそれでは効果が少ない場合は洗面器にお湯を入れて置いておくだけでも、乾燥対策になり得ます。

 

乾燥対策その5 お風呂場のドアを開けるだけ!?

冬は毎日お風呂にお湯を張ってあたたまってから寝たいものです。そこで、入浴が終わったあとにすぐにお湯を抜かないでください。実はこれも乾燥対策になるのです。入浴後しばらくの間、お風呂場のドアを開けておくことにより、部屋に蒸気が流れていきます。その方法で加湿をしばらく行ったらドアは閉めましょう。長時間ドアを開けたままにするとカビなどの元になるからです。

 

冬に加湿器が欲しいな、と思われている方は上述のように簡単な方法を取ることで、冬の乾燥対策になります。購入を検討している前に、まずはこのような乾燥対策を試みてみてください。もしかしたら加湿器を買う必要がなくなるかもしれません。

 

まとめ

【目指せ潤い肌】加湿器がなくても部屋を加湿する乾燥対策とは?
乾燥対策その1 加湿器がないと部屋はどうなる?
乾燥対策その2 濡れタオルで加湿を試みてみる
乾燥対策その3 観葉植物で乾燥対策!?
乾燥対策その4 洗面器やコップに水を入れておくだけ!?
乾燥対策その5 お風呂場のドアを開けるだけ!?