《乾燥の進行》を予防する食べ物とは??

《乾燥の進行》を予防する食べ物とは??

《乾燥の進行》を予防する食べ物とは??


 


 

 

乾燥肌に効く食べ物と基礎知識その1 肌の種類とは?

日本人のお肌は、皮脂と水分量で4つのタイプに分かれています。普通肌、脂性肌、乾燥肌、混合肌(脂性乾燥肌)の4つです。この中で自分の肌の性質を知っておくことが大事です。食べ物や化粧水、お化粧品も自分のお肌に合ったものを使う必要性があるからです。今回は乾燥肌を取り上げてみます。乾燥肌は、お肌の全体が乾燥していてかさかさしている状態です。肌の皮脂の分泌量が少ないので、お肌の表面の水分が蒸発してしまいます。乾燥肌は放置しておくと、悪化してしまい、角質がはがれていって皮膚のバリア機能も壊れてしまい、敏感肌になってしまいます。乾燥肌の人は、乾燥を防ぐために油分や水分をお肌に与えてあげて保湿とバリア機能を高めなければなりません。

 

乾燥肌に効く食べ物と基礎知識その2 お肌の性質と構造とは?

お肌は3つの層に分かれています。表皮と真皮と皮下組織です。スキンケアを行う場合は、これらの構造を知っておかなければ正しいスキンケアができません。表皮の厚みは0.2mm
です。外部からの刺激からお肌を守ることや水分の蒸発を防ぎます。バリア機能をもっているのです。真皮は、厚みが2mmくらいあります。コラーゲンやエラスチンというたんぱく質により、お肌のハリを保っている部分です。たんぱく質が紫外線などにより壊れてしまうと、しわやたるみのもととなってしまいます。皮下組織は、肌の土台です。皮下組織には血管や神経があり、血管から酸素や栄養分などを真皮へと送り出している働きを持つ部分です。

 

乾燥肌に効く食べ物と基礎知識その3 乾燥肌に向いた栄養素とは?

乾燥肌は、あらかじめ予防することも可能です。乾燥肌は栄養素が不足しているから乾燥してしまうという原因ももっています。乾燥肌になってしまう減少している物質の第1位は、たんぱく質です。たんぱく質が不足してしまうと、角質細胞のターンオーバーが促進されません。そのため、角質層で水分を保つための細胞間脂質のセラミドなどや天然保湿因子が少なくなってしまい、乾燥肌につながります。また、乾燥肌の人に足りない物質は、亜鉛です。亜鉛は身体にとても大切なミネラルです。バランスの取れた食事では、補えるものですが、加工食品や玄米などによって吸収が阻害されることがあります。

乾燥肌に効く食べ物と基礎知識その4 乾燥肌対策に必要な栄養素とは?

乾燥肌のお肌は、皮脂の分泌や角質層の水分、天然保湿因子が足りなくなることで発生します。皮膚の表面が乾燥してしまうことを防ぐために必要な栄養素は上述しましたが、さらに補える栄養素があります。まずは、ビタミンAです。皮膚の粘膜の潤いを維持したり新陳代謝を活発にしてくれます。ビタミンAが含まれている食べ物には、レバーやうなぎ、アナゴ、サバなどの青魚、乳製品、卵、緑黄色野菜などがあります。次に、ビタミンCが挙げられます。乾燥肌を防ぐためのコラーゲンの生成を助けてくれて、抗酸化作用もあります。食べ物は、パプリカやレモンなどの野菜や果物に多く含まれています。フルーツを摂るようにしましょう。

 

乾燥肌に効く食べ物と基礎知識その5 乾燥肌に効く料理とは?

「その4」で乾燥肌に効く栄養素や食べ物を挙げましたが、実際にどのようにして調理したならば的確に栄養を摂ることができるかどうか、食事の例を挙げます。サラダは、毎日食べましょう。野菜を食べることはお肌に最も良いとされています。レバーはレバニラにして食べられますし、乳製品は牛乳を飲んだりヨーグルトを摂るようにすると良いでしょう。また、ビタミンCというのは、体内にとどめておくことができない栄養素です。一度にたくさん摂取しても、体外に排泄されてしまいます。一度にたくさん摂るのではなく、3食の食事に少しずつ分けて摂取すると良いです。ビタミンCが含まれているものは、できるだけ生のまま食べましょう。加熱などをするとビタミンCは壊れてしまうからです。

 

乾燥肌といえども、全くの対処方法がないわけではなく、食事の方法を変えるだけでも、乾燥肌を弱めることができます。できるだけ栄養素を食べ物で摂ることをこころがけてください。

 

まとめ

《乾燥の進行》を予防する食べ物とは??
乾燥肌に効く食べ物と基礎知識その1 肌の種類とは?
乾燥肌に効く食べ物と基礎知識その2 お肌の性質と構造とは?
乾燥肌に効く食べ物と基礎知識その3 乾燥肌に向いた栄養素とは?
乾燥肌に効く食べ物と基礎知識その4 乾燥肌対策に必要な栄養素とは?
乾燥肌に効く食べ物と基礎知識その5 乾燥肌に効く料理とは?