削ってもかかとガサガサ・・今すぐできる3つの角質ケア法とは?

削ってもかかとガサガサ・・今すぐできる3つの角質ケア法とは?

繁殖しかかとケアで角質を削ってもガサガサが取れない場合がありますよね。なかなか、かかとの角質も層が厚くなると頑固になりケアしても落ちてはくれませんよね。しかし、仕方がないとそのまま放置したままにすると、かかとはますますガサガサしてきて、ときには乾燥などによりひび割れたり、水虫の菌が内部でたりするおそれもありますので、放置はせずに定期的なかかとケアが必要です。今回は、削ってもかかとガサガサの原因と、今すぐできる角質ケア方法をご紹介します。

 

削ってもかかとガサガサ・・今すぐできる3つの角質ケア法とは?



 

今すぐかかと角質ケアをしよう!その1 かかとを労ることが大事!!

かかとには、角化症という病気があることをご存知でしょうか?角化症にいたる原因はさまざまにありますが、最大の原因は乾燥と外側からの刺激によって引き起こされています。かかとには、人間が歩くたびに体重がかかりますし、夏場であればサンダルやミュールなどを履くために、紫外線を浴びてしまいます。なかなかかかとにも日焼け止めを、とは考えられないものです。また、夏場はとくに素足にサンダルやかかとにクッションのないミュールなど、ヒールの高い靴などを履き、なおかつ長時間歩いて回ることにより、外側からの刺激がとても大きい部位はかかとなのです。私たちは角化症になってしまうのも半ば仕方がない現代社会のなかにいますよね。

 

今すぐかかと角質ケアをしよう!その2 かかとの角質の再生能力!?

かかとの角質ケアを行わないでいると、かかとの角質はどんどん厚くなっていきます。それは、かかとを外側からの刺激から護るための身体のなかの仕組みが、そうさせているのです。また、年齢を重ねるごとに、日々の疲れがたまるごとに、ストレスを感じてお肌の再生する能力も衰えていきますので、古くなった角質は自然におちていくことがありませんし、落ちにくくなってしまっています。それゆえに、かかとの角質層がケアしないでいると厚くなってしまうのです。

削ってもかかとガサガサ・・今すぐできる3つの角質ケア法とは?

今すぐかかと角質ケアをしよう!その3 かかとケア法

今すぐかかと角質ケアができる方法をご紹介していきます。1つ目は佐伯チズさんのローションパックというかかとケア方法です。まず、厚くなってしまっている場合の角質でも、お湯で柔らかくした足の裏の角質をやすりや軽石で削っていきます。表面が平らに近づいてきたら削ることはやめましょう。それから、古い角質が落ちたあと、新しい角質ができてきますが、その角質には保湿力が高いため、足の指先からかかとまでの表面に、保湿クリームをたくさん塗りましょう。それから足の裏全体をラップなどでくるんでください。10分くらいそのままにして、足の裏全体に塗ったクリームを優しく洗えば、あかちゃんのようなかかとになります。

今すぐかかと角質ケアをしよう!その4 食品を使ったかかと角質ケア

次にご紹介するかかと角質ケア方法は、食品である蜂蜜とオリーブオイルを使ったケア方法です。フットバスやお風呂に入ったあと、柔らかくなったかかとに、蜂蜜を小さじ1杯くらい塗っていきます。それから、手のひらに取ったオリーブオイルをかかとに塗り込むようにして、その後靴下を履いて寝るだけという、とても簡単なかかと角質ケア方法です。

 

今すぐかかと角質ケアをしよう!その5 要らない化粧水を使おう!!

次にご紹介するかかと角質ケア方法は、要らなくなった化粧水や安く手に入る化粧水を使った、簡単なパック方法です。お風呂あがりやフットバスのあとの清潔で柔らかくなっているかかとに、使わなくなったり古くなったりした化粧水や乳液、クリームなどを、お肌よりも多めに塗り込みます。かかとに塗ったらラップをかけて、その上から蒸しタオルを置いてください。そのまま10分くらい経ってからラップを取れば、つるつるのかかとの角質ケアのできあがりです。

 

ドラッグストアや化粧品売り場には、角質用のピーリングジェルが売られていますよね。さまざまな種類が豊富に売り出されているため、どれが自分のかかとのお肌に合っているか?判断がしづらいものです。なるべく、2種類から3種類試してみて、自分にあったものを続けて使うと角質ケアも上手くいくでしょう。ピーリングの種類によっては角質が取れすぎてしまう強い成分のものもありますから注意が必要です。

 

まとめ

削ってもかかとガサガサ・・今すぐできる3つの角質ケア法とは?
その1 かかとを労ることが大事!!
その2 かかとの角質の再生能力!?
その3 かかとケア法
その4 食品を使ったかかと角質ケア
その5 要らない化粧水を使おう!!