足裏の角質「がっつり取る!」大人気の除去方法とは?

足裏の角質「がっつり取る!」大人気の除去方法とは?

足裏の角質で悩んでいる女性は多いですよね。とくに、分厚くなってしまった足裏の角質をどうすべきか?どうやって除去すると良いだろうか?と疑問に思ったり悩んだりしている女性は、角質を全部いっぺんに除去したいと思われるでしょう。しかし角質には角質の性質上、いっきに除去すると・・・更なる問題が起きてくることもあります。今回は、足裏の角質を取る、大人気の除去方法などをご紹介します。

 

足裏の角質「がっつり取る!」大人気の除去方法とは?



 

 

足裏の角質を除去しよう!その1 そもそも角質はどうしてたまるの!?

足裏の角質に関わらず、角質というものは外からの刺激を受けたときに、バリアする機能をもっています。顔のお肌でも角質をすべて除去しないことともつながりがあります。そして、身体の内部からの刺激を受けたときにも角質は反応します。角質は、できる限り全部取ってしまいたいという衝動に駆られますが、ある程度の角質がないと、お肌を刺激からバリアすることは不可能です。考え方では、角質がお肌や身体を守っていると思っても間違いではありません。お肌から水分をすべて蒸発させないためであるほかにも、角質があることで、お肌の弱い部位を守るという作用がありますので、角質はある程度は人間には必要なものなのです。

 

足裏の角質を除去しよう!その2 ある程度といっても・・・!?

角質はある程度は身体やお肌・皮膚にとって必要であると「その1」で述べましたが、主に足裏の分厚くなった角質は、身体の外からの刺激からバリアしているというよりは、身体のなかからの刺激からバリアしていることがほとんどを占めています。足裏は、身体のなかのさまざまな器官と連携しています。ツボが足裏に集まっていることとも関係があるとされています。ですので、身体のどこかの部位が疲弊すると、その部位に連携した足裏の血流がとどこおり、身体のなかの刺激に反応して角質となってしまいますし、分厚い角質となっていきます。また、足裏は生殖機能との連携もあります。閉経が近い年齢の方や生理の重さ、前立腺の弱い人も、足裏の角質が分厚くなったりかたくなったりするといわれています。

足裏の角質「がっつり取る!」大人気の除去方法とは?

足裏の角質を除去しよう!その3 足裏の角質除去方法とは!?

足裏の角質を除去することに対して面倒だと感じている方もいるかもしれませんが、それほど難しいわけではありません。毎日労ってあげることで、柔らかな赤ちゃんのような足裏になることができるのです。第1に、お風呂で洗面器などに足裏を浸して足裏の角質を柔らかくします。第2に、洗面器にはできるだけお湯を張っておきましょう。そこに足裏を浸します。角質に水分を含ませるイメージが理想です。時間をおいて、足裏が柔らかくなったなら、まず指を使って角質(足裏)を撫でてこすると、角質がポロポロと除去されていきます。このさいには、足裏用のやすりを使用しても問題ありません。また、角質は1度では全部取りきることはできないので、毎日少しずつ除去を行いましょう。

足裏の角質を除去しよう!その4 角質を完全に除去しない!!

角質を1日で落とし切ることはできるだけ避けましょう。できないという意味でもありますが、角質は外からの刺激でも反応すると述べました。ですので、1度にやすりや指で、まるでガリガリと角質を落とす音がしそうな除去の仕方をすると、足裏は反応し新たな角質で足裏をバリアしようとしますので、角質はだんだんと分厚くよみがえってしまいます。ですので、1度にたくさんの角質を除去するのは危険なのです。

 

足裏の角質を除去しよう!その5 ベビーフットを使って赤ちゃんに!!

ベビーフットという角質除去方法があります。足裏をケアする製品です。フルーツ酸を配合していて、分厚くなってしまった角質層に浸透していき、角質の層と層の間の部分に作用して、角質をはがれやすくしてくれます。そのため、足裏のお肌のターンオーバーが促進されて、日常生活での摩擦によって、角質が自然とはがれてくるという画期的な足裏ケア用品です。自分で毎日除去が面倒な方は、ベビーフットを使用してみる価値もあるでしょう。

 

このように、足裏の角質を除去するさいには、身体と足裏の連携や仕組みを理解した上で、毎日少しずつの角質ケアが必要となります。分厚い角質も、日々のお手入れによって、薄くなってきたり柔らかくなってきたりするので、ぜひ今日から頑張ってケアを行いましょう。

 

まとめ

足裏の角質「がっつり取る!」大人気の除去方法とは?
その1 そもそも角質はどうしてたまるの!?
その2 ある程度といっても・・・!?
その3 足裏の角質除去方法とは!?
その4 角質を完全に除去しない!!
その5 ベビーフットを使って赤ちゃんに!!