絶対に下半身おデブちゃんでも下半身ダイエットに成功させる5つの方法

絶対に下半身おデブちゃんでも下半身ダイエットに成功させる5つの方法

頑張ってダイエットしても、上半身だけしか痩せないのはなぜでしょうか。それは、下半身がカラダを2本の脚で支えているからです。そして女性は、オシャレを優先してハイヒールを履いたりして下半身の血流を悪くしているところにも原因の一つがあります。
食事療法ダイエットだけでは、細くなりづらい脚をスッキリ美脚にする下半身ダイエットに成功させる5つ方法をまとめました。

 

絶対に下半身おデブちゃんでも下半身ダイエットに成功させる5つの方法



 

 

その1 サイズを測ってみよう

あなたの下半身の悩みはどんな悩みですか?
まずは、悩みを明確にしましょう。サイズを測るのは、5箇所です。
・ウエスト
・下腹
・お尻まわり
・太ももの一番太いところ
・ふくらはぎ

です。朝起きた時、メジャーで測って記録しましょう。
夜、お風呂に入った後、メジャーで測って記録します。

 

その2 ダイエットは食べ物管理

次に、これはもちろんなことですが、高カロリー食を控えてください。
血流を良くしたいのでコレステロール値が高い食事をしているとストレッチをしても
満足のいく効果が得られなくなります。
血管の中の老廃物を流すストレッチをする前に食事の改善からスタートさせます。
発酵食品・大豆・食物繊維の多い根野菜などを中心に食事をしてくださいね。

 

その3 リンパの流れをよくする姿勢

下半身ダイエットをするにあたり、食生活の改善の見直しを知っていただきました。
次に、リンパに詰まったダイエットの天敵、老廃物を知りましょう。
下半身が痩せづらいのは、重力の関係で足先に血流が悪くなり滞ることと締め付けにより老廃物が貯まりやすいことにあります。
夕方、それが原因でリンパの流れが悪くなり脚に水分が貯まって浮腫むのです。
これを改善するために、まず姿勢を正しましょう。
立ち仕事だと、カラダが楽な姿勢を求めて上半身を腰に乗せるような姿勢をとりがちです。
腰で下半身の血流が止められてしまうので、背中の肩甲骨と丹田に力を入れることを意識し胸を張る姿勢で全体の流れを改善していきます。
デスクワークの方は、長時間、椅子に座りっぱなしだとリンパ線や太い動脈の通っている太ももの血流が悪くさせ空調の冷暖房がそれを悪化させやすくさせます。
つい悪くなりがちな姿勢になりやすいので、姿勢が崩れてきたとき、椅子に深く腰掛け頭から背中、腰が糸でぶら下げられているようなイメージで姿勢を作ります。
浮腫みの気になる方は、二時間おきに意識して立ち上がり軽く足踏みをしてみましょう。

その4 ツボ押しマッサージ

このように、下半身に負担のかかることの多い女性は、普段の生活だけではなかなか改善する方法がありません。
そこで、ぜひおすすめしたいのが、つぼ押しマッサージです。

1、足の指を一本一本手の指でほぐしてあげる。土踏まずの場所もほぐしてあげましょう。
2、ふくらはぎにあるツボを指で押していく
  承筋(しょうきん)、承間(しょうかん)、承山(しょうざん)の順番に押していきます。押してみて痛みのある場所は、老廃物が溜まっている場所です。ツボを押してよくほぐしてください。
3、軽めに太ももから、足首までトントンと叩いて血流を良くしてください。
4、ボディクリームを手に取り、リンパを流すようなイメージをして、下から上へと、かかとから、ふくらはぎ、太ももを丁寧にゆっくりとマッサージしてくださいね。

 

その5 着圧ソックスを履いて寝る

一日、あなたを支えてくれた下半身の疲れと老廃物を流すマッサージをしてあげたら
最後は、着圧ソックスを履いて眠りについてください。
これは、足首・ふくらはぎ・太ももと着圧が掛かっているソックスで、とても心地よい締め付け感があります。
それぞれ適度な着圧があることで、夜寝ている間でも、血流の流れをスムーズにしてくれるので、マッサージ後は保湿効果と美脚効果がより高まり、下半身ダイエットの味方です。

 

 絶対に下半身おデブちゃんでも下半身ダイエットに成功させる5つの方法は、いかがでしたでしょうか。
下半身ダイエット、というより、下半身に必要なことは「ケア」することではないかと思います。お顔のスキンケアと同じように「今日もよく支えてくれた下半身をケアする」
ダイエットではなかなか痩せずらい場所ですが、細くさせることは実は毎日のお手入れでできます。ぜひ、愛でるようにケアをしてみてくださいね。

 

まとめ

絶対に下半身おデブちゃんでも下半身ダイエットに成功させる5つの方法
その1 サイズを測ってみよう
その2 ダイエットは食べ物管理
その3 リンパの流れをよくする姿勢
その4 ツボ押しマッサージ
その5 着圧ソックスを履いて寝る