『元ボクサーが教える!』体脂肪を減らす効果がある減量方法とは?

『元ボクサーが教える!』体脂肪を減らす効果がある減量方法とは?

ボクシングで勝負をするボクサーは、日々過酷な減量方法との闘いですよね。ボクサーの減量方法は、実は科学でふつうの人にとっても参考になる部分が多々あります。ボクサーは減量方法を知るプロといえますよね。減量方法を知っている元ボクサーに学べるダイエット方法もあるのです。今回は体脂肪を減らす効果がある減量方法をご紹介します。

 

『元ボクサーが教える!』体脂肪を減らす効果がある減量方法とは?



 

 

効果のある減量方法その1 ダイエットの勘違いからはじまる

寒い日はランニングをしても汗をかかないからダイエットにならないとか、ウエスト周りを細くするために、ジムのあとはサウナで汗を流すといった人が増えています。実は、汗をかいた分だけ脂肪が燃焼されたり、ウエスト周りが細くなるわけではないので、減量方法とはいえません。かいた汗の量と、脂肪燃焼の量は比例していません。汗をかいたからといって脂肪が燃焼されたわけではないことと同じく、汗をかかなかったからといって、脂肪が燃焼されていなかったということでもないのです。脂肪を燃焼したいからといって、厚着でランニングをしたり、サウナで汗をたくさんかいて出すことは脂肪燃焼に直接的な関わりはありません。汗をかくことやサウナに入ることが悪いことではなく、効率的な減量方法ではないということなのです。

 

効果のある減量方法その2 ボクサーが減量するとき

ボクサーは減量方法の一環で厚着をして走ったり、ジムの室温を上げてから汗を出して体重を減らしていると思われがちですが、ボクサーの減量方法と、一般に運動をしていない人がウエスト周りを細くするダイエットは異なるものなのです。毎日のように計測をしているボクサーは、日々のトレーニングなどで体脂肪が低い段階からさらに減量法を考えています。それは水分を抜いて1時的に体重を減らしています。ボクサーの減量方法とは、脂肪を燃焼させるダイエットとは違い、汗を流すことで体内から外に出し、体内の水分を減らしているのです。これをふつうのダイエッターが1時的にこの減量方法を使ってもすぐにもとに戻ってしまいます。

 

効果のある減量方法その3 一般のダイエットとの違い

ボクサーの減量方法とダイエットでの減量方法との違いは、ボクサーの場合は体重を減らすことに重点が置かれますが、ダイエットの場合は体脂肪を減らすということに重点が置かれています。ボクサーの減量方法は計測をするその一瞬の間だけでも規定内の数値に収まれば良いのです。体脂肪が高くても多少太っていても構いません。しかしダイエットの場合は、このようにはいきません。見た目的にスラリとした体型になることや体脂肪を減らして健康的に痩せることなどに重点が置かれます。

効果のある減量方法その4 人間の体温とダイエット効果とは?

人間の身体のなかでは、リパーゼという脂肪を燃焼することを助ける働きのある酵素をもっています。リパーゼは体温が通常よりも2度ほど高いくらいのときに活躍する成分です。ボクサーの減量方法はたくさん着こんで汗を流しますが、前述のように、ボクサーの減量方法はダイエットの減量方法とは違います。ですので、たくさん着こんだりするとリパーゼの働きが落ちてしまいますので、運動中は通気性があるスポーツウェアなどを選ぶと良いダイエットの減量方法になるでしょう。

 

効果のある減量方法その5 水分補給をしよう!

運動をしながら痩せる場合の減量方法には、水分補給がとても大切です。水や市販のスポーツドリンクをがぶ飲みするわけではないですから、スポーツドリンクはいけないとい認識は運動時にはあまり考えなくても良いでしょう。脱水症状を引き起こすと、その分脂肪の代謝が悪くなり低くもなります。運動前と運動中、そして運動後という風に、水分補給はしっかりとしましょう。とくに、冷たい飲み物は、熱くなった身体をクールダウンさせる働きもありますので、ペットボトルなどのお水は、運動前には冷蔵庫に入れておきましょう。

 

このように、ボクサーの減量方法とダイエッターの減量方法には差異があることがわかりました。自分がどういった風に痩せたいか?ということを自問自答しながら、ダイエットを行うときにはなるべく運動も兼ねて軽い食事制限も行ったりしましょう。

 

まとめ

『元ボクサーが教える!』体脂肪を減らす効果がある減量方法とは?
その1 ダイエットの勘違いからはじまる
その2 ボクサーが減量するとき
その3 一般のダイエットとの違い
その4 人間の体温とダイエット効果とは?
その5 水分補給をしよう!