【ふくらはぎが太い!?】原因と細くなるリンパマッサージとは?

【ふくらはぎが太い!?】原因と細くなるリンパマッサージとは? 

女性はとくに夏になるとスカートを穿く機会が増えますよね。また会社の制服でも年中スカートを穿かなければならない女性もいます。スカートを穿くとふくらはぎがとても目立ってしまいます。スラリとしたふくらはぎなら問題はないのですが、自分自身でもふくらはぎが太いと思っておられる方は多くいらっしゃることかと思われます。ふくらはぎが太いとスカートを穿くのも億劫になったりコンプレックスを抱えてしまったりしますよね。今回は、太いふくらはぎの原因と細くなるためのリンパマッサージについてご紹介します。

 

【ふくらはぎが太い!?】原因と細くなるリンパマッサージとは?



 

ふくらはぎが太い!リンパで解決!その1 ふくらはぎはなかなか痩せない部位

スラリとしたふくらはぎは、ふくらはぎが太い女性にとってあこがれですよね。ダイエットを長く続けている女性でもふくらはぎはなかなか痩せてはくれません。痩せたい部位が太いふくらはぎであるのに、ダイエット方法を間違えていたり、ふくらはぎに関する知識がなかなか得られなくて、ほかの部位は痩せてもふくらはぎは太いままだという女性は多いでしょう。上半身は痩せているのに、ふくらはぎだけ太いという女性の原因の大半は、むくみだといわれています。デスクワークや立ち仕事をしているアパレルショップ店員さんなどは、朝は楽に履けたブーツや靴が、自宅に帰るころにはふくらはぎや足がパンパンになっていて、窮屈な思いをしている人も少なくありません。むくみを解消するだけで、その窮屈さはなくなってきます。むくみ解消には実は、リンパの関わりがあるのです。

 

ふくらはぎが太い!リンパで解決!その2 大根足の場合は?

女性のなかで、とくにふくらはぎやすねが太い人のことを大根足と呼んだりしていますよね。自分は大根足だから、とあきらめずに太いふくらはぎを解消するためには原因を探らなければなりません。太いふくらはぎになるのは、原因としてかかとの高いヒールやパンプス、スリッパのようなかかとがないつっかけ、サイズが合わないゆったりとした靴などに原因があります。とくに外反母趾を持っていたり、浮き指、扁平足である女性は、重心が足の裏全体にかからないので、重心はかかと寄りになってしまうことで不安定な歩き方や立ち方になり、ふくらはぎに余計な負担をかけてしまうことでも太いふくらはぎになってしまいます。

ふくらはぎが太い!リンパで解決!その3 リンパを刺激する前に!

ふくらはぎが太い女性でも、細くする方法は存在しています。まず、足の裏をもむことから始めましょう。足の裏を両手で包んで両手の親指を使って足の裏を押します。少し痛いくらいの強さで押しましょう。足の裏にあるさまざまなツボを刺激することによって、外反母趾の抑止にもなるとされています。ヒールの高い靴を穿かなければならない女性は、足の裏をもむことを毎日の日課にしましょう。

【ふくらはぎが太い!?】原因と細くなるリンパマッサージとは? 

ふくらはぎが太い!リンパで解決!その4 リンパマッサージをしよう!

足の裏を押すことを繰り返して行ったあとは、太いふくらはぎ全体を押しましょう。両手の親指を重ねて、ふくらはぎの内側からくるぶしの辺りまで、それから膝までを10秒間、何度も繰り返し行ってください。リンパの流れを良くしてくれる働きがあります。内側が終わったら外側も同じようにリンパマッサージをしてください。リンパの流れが停滞しているところが少しずつ正常に流れていきます。

 

ふくらはぎが太い!リンパで解決!その5 リンパの流れを良くする方法!

「その4」が終わったら、太い太いと思って悩むことで毎日続けられるリンパマッサージを行いましょう。手でふくらはぎ全体を撫でるようにさすります。足首からさすっていって膝の裏まで両手を使って、痛くない程度に行います。10回くらいリンパマッサージを行ったなら、反対の足も同じようにさすりましょう。この10回を両足で3セット、とくにお風呂上がりに行うと効果てきめんです。

 

このように、自分のふくらはぎが太いと悩んでいる女性はたくさんいますので、日々の生活のなかでなるべく高いヒールの靴を穿かないように気をつけたり、必要以上に窮屈な靴を履かないように注意が必要です。リンパマッサージは自分で施せますから、毎日の日課として行うことをオススメします。

 

まとめ

【ふくらはぎが太い!?】原因と細くなるリンパマッサージとは? 
その1 ふくらはぎはなかなか痩せない部位
その2 大根足の場合は?
その3 リンパを刺激する前に!
その4 リンパマッサージをしよう!
その5 リンパの流れを良くする方法!