『エキサイト恋愛結婚』焦る20代が入会時に注意すべきこととは?

 『エキサイト恋愛結婚』焦る20代が入会時に注意すべきこととは?

エキサイト恋愛結婚は、いつか結婚したい人、真面目に出会いたい人向けの、誠実な意思をもった人同士の出会いを助けてくれる婚活サイトです。エキサイト恋愛結婚は伊藤忠商事グループが運営を行っている結婚情報サービスで、2003年にスタートし10年以上経ったいまでも人気のある婚活サイトとして知られています。今回は、このエキサイト恋愛結婚での、入会時に注意すべき点など、長所を交えてご紹介します。

 

『エキサイト恋愛結婚』焦る20代が入会時に注意すべきこととは?



 

 

エキサイト恋愛結婚での注意点その1 メールの数が多い!?

エキサイト恋愛結婚では、多くのブライダルネットと比べると、婚活中の会員数が2万5千人もの人たちがエキサイト恋愛結婚を使って、月に換算すると、11万通ものメールが男女間で飛び交っています。昔からある老舗の婚活サイトといっても過言ではありません。エキサイト恋愛結婚で知り合って実際に結婚に至ったというケースも多々聞かれることです。また、エキサイト恋愛結婚は、男性側に毎月一定の収入が見込める人、かつ結婚生活に支障がない経済的基盤を持っていることを条件としていますし、将来的に結婚をするつもりがない人や、既婚者、遊び目的の人は除外しています。

 

エキサイト恋愛結婚での注意点その2 将来的に結婚を考えている人向け

エキサイト恋愛結婚は、結婚情報サービスなので、出会い系サイトや恋活サイトとはまったく主旨が違ってきます。エキサイト恋愛結婚は、プロフィールの作成項目が充実しており、相手を検索することもできます。これらは無料でできることなのですが、プロフィールを公開するときには、本人確認ができる証明書(運転免許証等)を提出しなければなりません。少し手間がかかりますが、その点は相手も同じことを行っているので、安心することはできますよね。逆に、本人確認のない結婚サイトや婚活サイトは、十分に気をつけなければ、なかには遊び目的や既婚者が登録している場合もあるので注意が必要です。

 『エキサイト恋愛結婚』焦る20代が入会時に注意すべきこととは?

エキサイト恋愛結婚での注意点その3 プロフィールを閲覧して選択できる

エキサイト恋愛結婚では、プロフィール項目が80個もあります。そのプロフィールの内容も、もう個人的なことを公開しているようなものなので、あとから転勤の可能性はあるのか?子どもは欲しいかどうか?などのことをすでにプロフィールの項目で答えてくれているので、ギャンブル性がある人などを、あなたがイヤであれば、結婚対象から除外していくことができます。また、エキサイト恋愛結婚はでは、はじめてのアプローチのときから1000文字以上のメールを打つことが可能となっています。

エキサイト恋愛結婚での注意点その4 デメリット・注意点とは?

エキサイト恋愛結婚でのデメリットや注意点は、相手の顔を知ることができるまでに長い時間がかかるということです。焦り気味の結婚適齢期の方や20代30代で結婚に焦りを感じている人には少し酷なことかもしれません。男性ならば8割の方が、女性では6割の方が写真をアップロードしていますが、設定をすることができるので、仲が良くなってから公開という人が少なくないのが現状です。最初から相手の顔を拝見できるとは限らないのです。仲良くなってから相手の顔を見たら、タイプとは真逆だったなどということもあり得ます。写真を公開するかどうかは、本人の意思で決定されますので、根気よく待つことが必要となってきます。

 

エキサイト恋愛結婚での注意点その5 相手は地域ごとにバラバラ

良さそうな相手がいたとしても、とても離れたところに住んでいると、お付き合いはおろか結婚を考えることが困難となってきます。エキサイト恋愛結婚では、多くの方がマッチングで結婚をしたりお付き合いをしたりしていますが、住んでいる地域によって、相手がまったくいなかったり、逆に首都圏では相手を選択することに疲れたりすることもあります。とくに寒村地域に住んでいて好みの相手が見つかっても、実際に会って話をしてみないと、人となりは分からないので、土地が離れていて会えないばかりか、お付き合いまで発展しないケースもあるので、入会時には注意が必要です。

 

このように、エキサイト恋愛結婚で結婚や将来に向けてお付き合いに発展することもあれば、登録したのにまったく出会いがないといったケースも存在していますので、入会するさいには、十分に考えてから足を踏み込みましょう。

 

まとめ

『エキサイト恋愛結婚』焦る20代が入会時に注意すべきこととは?
その1 メールの数が多い!?
その2 将来的に結婚を考えている人向け
その3 プロフィールを閲覧して選択できる
その4 デメリット・注意点とは?
その5 相手は地域ごとにバラバラ