『汚れたままじゃダメ!? 』メイクブラシの洗い方とその効果とは?

 

メイクブラシ 洗い方

メイクブラシをお化粧に使っている女性は多数いらっしゃることと思われます。パウダー用やチーク用、ハイライト用、アイシャドウ用、ブロー用、リップブラシなどのメイクブラシをあなたはどうしていますか?メイクブラシはメイクには欠かせませんが、これらのメイクブラシは使う頻度により、ただしく洗うという作業が必要になります。メイクブラシは汚れたままじゃダメなのです。では今回は、正しいメイクブラシの洗い方とその効果をご紹介します。

 

『汚れたままじゃダメ!? 』メイクブラシの洗い方とその効果とは?



 

 

メイクブラシの洗い方とは?その1 メイクブラシを洗う必要性!?

メイクにはメイクブラシが欠かせないですが、メイクブラシやファンデーションに使うパフなどを、あなたは上手に洗っていますか?丁寧に洗ったはずでもメイクブラシに汚れが残ったままでは、メイクも上手くいかないのです。また、メイクブラシを洗わずに放置してしまっておくと、雑菌などが繁殖し、それをお肌につけることになるので、お肌が荒れたり、敏感肌の方はとくにお肌に刺激となるものですから、正しい方法でメイクブラシを洗ってみましょう。メイクブラシはだいたい、使った日から数えて2ヶ月から3ヶ月を目途に洗いましょう。また、メイクブラシを使った日にはクシなどで固まったりしている部分をほぐしてキレイにしておくことをオススメします。

 

メイクブラシの洗い方とは?その2 ティッシュで拭くのはNG?

メイクブラシは、毎日使う方は使ったあとにティッシュなどの柔らかいもので軽く拭き取っておきましょう。清潔に保つことに重点を当ててみてください。雑菌が繁殖したものをお肌に乗せると考えると、はやりキレイに洗ったり拭いたりしておいた方がこころも気分が良くなります。また、ティッシュで汚れを拭くよりは、要らないタオルやガーゼなどで拭くことの方が良いでしょう。ティッシュでメイクブラシを拭くと、毛のなかにパルプがついてしまいます。それによりまた汚れていきますので、布やタオルなどにすると良いでしょう。

 

『汚れたままじゃダメ!? 』メイクブラシの洗い方とその効果とは?

メイクブラシの洗い方とは?その3 メイクブラシを洗ってみよう!

メイクブラシはさまざまに、顔の部位によって違いますし、メイクブラシの毛の種類によっても洗い方は変わってきます。汚れがひどい場合は、パウダーやチーク、アイシャドウ、ブローなどのメイクブラシを2ヶ月から3ヶ月に1度洗います。そのさいには、毛先をぬるま湯につけて、毛先に水分を含ませて、お湯のなかで指で挟んで汚れを取っていきましょう。洗面器にお湯を張って行った方がより汚れを落としやすいといえます。シャンプーを1プッシュお湯に溶かして洗います。洗ったあとは、ぬるま湯でよくすすいでください。そのあとは、リンスやトリートメントを1プッシュ入れて毛に含ませてください。洗ったあとは水を切ってからタオルに当てて水分を拭き取ります。

メイクブラシの洗い方とは?その4 注意点とは?

シャンプーやリンスを使った洗い方の注意点には、メイクブラシに残りやすい成分が含まれているときは避けた方が良いでしょう。一番良いのは、メイクブラシ専用のクリーナーを使用することです。メイクブラシ専用クリーナーならば、お肌に悪い成分がメイクブラシに残りお肌を荒らすことがありません。ブラシの根元から毛先に向かって汚れを出していきましょう。洗面器にお湯を張って行うとなお、汚れが落ちやすくまた、洗いやすいです。

 

メイクブラシの洗い方とは?その5 天然獣毛の場合は?

メイクブラシが天然獣毛でできているタイプのものを洗うさいには、気をつけたい点があります。天然獣毛は人間の髪の毛と同じように、毛の外側にはキューティクルがついています。石鹸や食器洗い用のクリーナーで洗ってしまったあとに乾かすとキューティクルは開いたままになり、メイクブラシがバサバサになってしまいますので、人間の髪と同じような扱いをして洗う必要性があります。シャンプーやリンスでは、前述したように、メイクブラシに成分が残る可能性がありますので、専用クリーナーで丁寧に洗ってあげましょう。

 

このように、メイクブラシは汚れたままではダメですし、洗うさいにも気を配っておかないと、あとで使うとき寸前になってからメイクブラシがバサバサで使いにくくなってしまうという落とし穴がありますので、なるべく専用のクリーナーで丁寧に洗い、乾かしておきましょう。

 

まとめ

『汚れたままじゃダメ!? 』メイクブラシの洗い方とその効果とは?
その1 メイクブラシを洗う必要性!?
その2 ティッシュで拭くのはNG?
その3 メイクブラシを洗ってみよう!
その4 注意点とは?
その5 天然獣毛の場合は?