"社内恋愛が成功する"その、きっかけとアプローチ法!!

"社内恋愛が成功する"その、きっかけとアプローチ法!!

会社で働く多くの女性は、いつか自分も先輩たちのように、幸せな結婚をして子どもをもうけたいと思っていることでしょう。出会いは合コンや飲み会、最近では大規模な街コンなども開かれていて、出会いの場所やツールは増えているといえます。そんななかで、会社内で気になる人がいるケースもあります。会社で働く姿のなかでも昼休みや休憩中に話したり打ち溶けたりして話が弾むと、その男性や女性を恋愛対象として考え出すこともあります。
社内恋愛が成功するかどうかの、きっかけとアプローチ方法、会社内で付き合うことになったらならどんなことに注意すべきかなどをご紹介します。

 

"社内恋愛が成功する"その、きっかけとアプローチ法!!



 

 

社内恋愛その1 周囲の目が気になる場合

社内で気になる人がまだいない場合は、なるべく社内の別の部署のステキな人を探しましょう。同じ部署ですでに好きな人がいるときは、相手との距離感を十分に保って、働いている間は特別視しないで、仕事のことであっても甘えたり縋ったりしないようにすることが大切です。恋愛はあくまでもプライベートな事柄です。社内に好きな人がいるからといって、周囲に迷惑をけることや、はたまた大っぴらに「彼が好き」などの発言はしないように気をつけましょう。もしそのことによって二人の恋愛が始まったとしても、周囲は仕事に影響をきたすような事情を社内に持ち込まれては迷惑です。ですので、同じ部署ではなく、ほかの部署ならば休憩時間にメモを渡したり、ブレイクタイムに食事に誘ったりするぶんには、周囲の迷惑にもなりませんし、視線を気にすることもありません。

 

社内恋愛その2 恋愛のはじめは口にしないことが大切

もし、社内で部署が違ったとしても、自分の恋愛模様を公の場で口にすることはやめましょう。いくら自分がステキな恋愛をしていても、相手がスマートな人であっても、会社や仕事には関係のない話だからです。むしろ、プライベートな恋愛事を口にされたなら同僚も先輩もあなたには何もいわないかもしれませんが、陰で何を言われるか囁かれるか分りません。なかには陰湿ないじめ問題に発展する可能性も捨て切れないのです。隠れて付き合うことを、自分たちのダメージだと思ってはいけません。会社仲間にいろいろな根も葉もないウワサを振り撒かれるほうが自分たちの評価の大きな損失となり得るからです。恋愛の事情を口に出したいかもしれませんが、それは社外の友人や知人に言ったり相談したりすることで、多くの場合は解決します。

 

社内恋愛その3 きっかけはたくさん転がっています

恋愛のきっかけとなるのは、ほんの些細なことから発展する可能性もあります。たとえば社内旅行で初めて同僚の女性がスキーをするとき、滑り方やスキー板の位置の確認などを、積極的にすることで、同期や同僚の女性の視線を惹くことが大いにあります。自分の得意分野は、活用できるときにそれとなく、知らない人に教えたりアドバイスすると、男性でも女性でも、周囲は一目置きますし頼もしく思えてくることでしょう。女性ならば女性らしい一面をアピールすることも、社内恋愛を飛躍させる良いきっかけとなることがあります。女性がもつ母性からくる優しさは、男性にはあまりありません。女性はその優しい側面を、TPOに合わせてそれとなく振る舞うことによって、好きな人以外でも関わりのある人には、自分も疲れているかもしれませんが、仕事終わりみんなに優しい口調で「労りの言葉」や「癒しの言葉」をかけてみると、自然といつか恋の糸口となるきっかけが出てきます。

 

 

社内恋愛その4 仕事と恋愛のメリハリに注意をしましょう

社内では恋愛のことに没頭したり悩みばかりを抱えてはいられません。いざ結婚となったときに周囲から祝福とともに認めてもらうためには、自分の仕事に前向きになりましょう。とくに、社内の彼氏と喧嘩をした翌日は鬱憤がたまっているでしょうし、マイナス思考に囚われて上手く仕事をこなせないかもしれません。しかし、そういうときこそ、これからも付き合っていきたい相手ならば、気持ちを前向きさせることや、目の前にある仕事を一生懸命に行うことが大切です。それを周囲の誰かは必ず見ているはずですし、話は彼の耳へと伝わっていくかもしれません。強気な女性を演じる必要はありませんが、仕事中に過度に落ち込むことは禁物なのです。仕事は仕事でメリハリをつけて頑張ることができるあなたを、相手は見直したり、その日のうちに謝ってきたりデートの埋め合わせを考えてくれることもあり得ます。

 

社内恋愛その5 やがて結婚にいたる場合に注意すべきこと

社内恋愛がしばらく続いて、お互いが結婚を意識し始めてからは、今度はお付き合いしていることを隠すのではなく、それとなく周囲に分ってもらうように心がけることが重要となってきます。突然、二人が結婚となるとあまりにも不自然であり、周囲は面食らうとともに騙されたという感覚を受ける恐れがあります。だんだんと、他の社内カップルと一緒にダブルデートをしたり、上司には前もって結婚する意志を伝えておくと良いでしょう。上司こそないがしろにはできません。でないと、結婚式やその後、イヤミなどを言われる可能性があります。

 

社内恋愛は、続けることは難しいかもしれませんが、同じ環境で同じ仲間を知っているということは絆ともなりますから、まずはきっかけを大事にして愛を育んでいきましょう。

 

まとめ

"社内恋愛が成功する"その、きっかけとアプローチ法!!
その1 周囲の目が気になる場合
その2 恋愛のはじめは口にしないことが大切
その3 きっかけはたくさん転がっています
その4 仕事と恋愛のメリハリに注意をしましょう
その5 やがて結婚にいたる場合に注意すべきこと